・エンパイアエンジン
 Empire Engine(Good Little Games:2013)


エンパイアエンジン

ギアを回して産出したり攻撃しながら、リソースを得点にしていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲーム開始時、持つのはギアとエンジンのカード。
ギアは通常回転とリソースを使っての回転があります。
エンジンには、回転に応じて攻撃をしたり商品を生産したりするアクションが描かれています。
今回は2人プレイなので、ゲームは8ラウンド。
毎ラウンドは同じことの繰り返しです。
まずは順番にギアカードを裏向きで配置し、公開してエンジンを回転させてアクションを決定。
次にアクションを実行し、スタートプレイヤーを移動させたらラウンド終了です。
これを繰り返し、規定ラウンドが終了したらゲーム終了。
得点エリアのリソースに加えて、各色最多の人にボーナス点を加算し、一番得点の高い人が勝者となります。

エンジンカードに描かれているマークとアクションをじっくり眺める。
入手したリソースをそのまま得点に出来るのはおいしい。
それはお互い一緒なので、そこを攻撃されるとつらい。
でも攻撃するにはリソースが必要で・・・と、所謂逆算方式でw
まずはギアの回転に慣れてみようと思い、エンジンを見つめながらギアカードを見つめる。

こっちのエンジンを2回転させたいから、残り1か0でこっちのカードだと何が手に入るかな?

本当に終始こんな感じ。
リソースをのせていれば、下の段に書かれている数字なので、ある程度予測はつく。
それを逆手に防御の布陣で、さらにこちらからも攻撃を仕掛けておいたり。

最初の3ラウンドは平和主義。
リソースを得点にかえて、手元から減っていくリソース。
攻撃するにも必要なので、適度に入手していかないとダメ。
4ラウンド目以降は、お互い常に攻撃が出ているという。
エンジンの0回転が便利。
かといって、それだけでは勝てない。
あちらのリソース不足を待ちながら、片方は攻撃で片方は輸出か回収狙い。

「これ攻撃!と思ったら・・・リソースがない!」

トド吉のまさかのうっかり行動を眺めながら、私はそのまま攻撃してみたり。
どんどんたまっていく私の得点エリア。

「どうがんばっても追いつける気がしない・・・」

そんなこともないので、とりあえずがんばれ!と慰めながら、でも手は抜かない。
常に全力で、トド吉のエンジンがどの程度動くか見逃さず。
あっという間に8ラウンドが終わり、1色最多をとったトド吉を引き離して私の勝利。

時間がかかるかな?と思ったら、意外にあっさり。
自分がどのくらい回すか、相手はどの程度回してくるか、読み合いが強いのは2人だからかな。
それでも実プレイ時間20分程度で、必死に考えて遊べるので楽しかったです。