・ヤク
 Yak(Zoch:2015)


ヤク

カウントアップで宣言しながら、カードを引き取らないようにするカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

カードには6種類の動物(?)と1から3の数字。
他にジョーカーと特殊カードがあります。
手番がきたら、手札からカードを裏向きで1枚出すか、直前の人の宣言を疑うかします。
カードを出す場合、最初にプレイする場合は何でも宣言出来ます。
その後プレイする場合は、直前のプレイヤーの宣言と同じ動物でより大きな数、もしくは大きな動物で同じ数字を宣言しなければいけません。
これを繰り返していくだけ。
疑われたらカード確認。
正しかったら疑ったプレイヤーが、違っていたら疑われたプレイヤーが、場のカードすべてを失点として引き取ります。
山札が尽きた後、誰かがカードを引き取ったらゲーム終了。
引き取ったカードが一番少ないプレイヤーの勝利になります。

まずは動物確認。
一番大きいのはヤク、次にアイベックス、ハゲタカ、ウッドチャックと続きます。
謎なのはイエティ。
足跡しかありませんが、一番小さい動物です。
ところで、和訳にはアイベックスとウッドチャックが間違って書かれていて、全員で協議。
「ウッドチャックって・・・あれでしょ?昔のアニメの」
「それロッキーチャックじゃないの!?」
「今でも主題歌歌えるからね!」
「じゃ歌ってみてよ!」
という余談から始まりました・・・

誰が嘘をついているか、誰が本当のことを言っているのか、ブラフ合戦の始まりです。

「ハゲタカ3!」
「ハゲタカ4!」
「ハゲタカ6!」
「いやそれブラフ!」

早速カード確認。
あけてみると、特殊カードの1が入っていて、すべて1になってしまうという。
おかげで6は嘘だったので、カードを引き取っていくトド吉。
1を仕込んだのは私だっていうねw

「ウッドチャック2!」
「んじゃ、アイベックス2!」
「ヤク2!」

ヤクが一番大きいので、ここからはヤクの数字合戦。

「ヤク4!」
「ヤク5!」
「ヤク6!」
「ヤク8!」

(8!?いやこれブラフでしょ・・・でも本当かもしれないし・・・)

「ブラフ!」

あけてみると、今度は特殊カードの!が仕込まれていて、出された動物がすべて最後に宣言されたヤク扱い。
まんまとやられた・・・
カードすべてを引き取るはめに。

ゲームはどんどんスピードアップ。
しかも途中からトド吉が、何の動物で回ってきてもヤク宣言。
確かにヤクのカードはまだそんなに出ていないけれど、そこまではないだろうとか、でもまた特殊カードだろうかとか。
ひたすら顔に出さずに悩み通しw
こうなったら・・・と必殺の1を仕込みながら場に出てるカード枚数を目でチェック。
そして回ってきた、やっぱりヤク宣言。

「ブラフ!」

トド吉がたんまりカードを引き取っていくw
山札が尽きて終了フラグ。
最後のカードをまたトド吉に引き取ってもらおうと思っていたら、あっけなくいたるさんが引き取ってゲーム終了。
トド吉がダントツの引き取り枚数。
一番少なかった私の勝利となりました。

ブラフゲームは、これぐらい簡単なほうが盛り上がっていいね。
動物の大きさをちゃんと把握したり、どの動物がどれくらい出たか把握しておくのも大切だけど。
イエティコールがほとんどかからなかったのに山札が尽きたということは、みんな適当なことを言い続けていたんだなぁとw