・ザ・ゲーム
 The Game : Spiel... so lange du kannst!(Nurnberger-Spielkarten:2015)


ザ・ゲーム

4ヶ所にカードを順序良く並べていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

今年のドイツ年間ゲーム大賞ノミネート。
ゲームはとても簡単で、手番がきたら手札から好きなだけカードを出します。
ただし最低2枚出すのは必須。
カードを出せる場所は4つで、昇順2ヶ所と降順2ヶ所。
昇順で出すところには1のカード、降順で出すところには100のカードが置かれています。
出した枚数と同じ枚数のカードを山札から引いたら手番終了。
カードは2から99で、これを4ヶ所のどこかにすべて出しきるのが目的。
すでに出ている数字とちょうど10違いの場合は遡り可能。
すべて出しきれば勝利で、山札と手札の残り枚数が10枚以下なら優秀という協力ゲームになっています。
プレイ中は軽い相談は可能で、直接的な数字の宣言などは禁止です。

手札を見ると、大きな数字が多め。
これなら降順のほうで出せるなぁなんて考えていたけれど、そう上手くはいかないことに気付くのです。
よく考えたら、協力ゲーム。
自分が出せるからといって、他の人が狙い通りに出してくるとは限らず。
それはお互い様なわけで。

「あ・・・あー・・・そ、そこは私に任せてくれないかな」
「んじゃこっちはもらっておこうかな」

もどかしいw
言いたいけど言えない。
花火の時を思い出したけれど、あっちはチップでヒントを出せるだけまし。
こっちは、心の中でうぎゃー!と叫ぶのが精一杯w
なんと、山札を大量に残して惨敗コース。

無言でカードをシャッフルし、再挑戦。
昇順と降順をどこでライン引きするかが重要で。
大きすぎて出せなければ、昇順が上がってくるのを待つ。
小さすぎるのは逆のパターンで待つ。
あとはひたすら目で信号w
今度は何となくうまくいって、山札が尽き、ここからは1枚出し!と思った瞬間、またしても惨敗。
いやこれ難しい。

三度目の正直ということで、懲りずにスタート。
お互い中間くらいの数字が多めだったらしく、2列のうち1列を昇降どちらも捨てようということに。
これが良かったのか、スムーズではないけれど山札が尽き、勝利が見えてくる。
結局、お互いの手札合計3枚残しで終了。
勝利にはならなかったけれど、優秀ということで満足w

いやこれ、なんというかすごいマゾっぽい。
プレイ中はとにかく「うわー」「うおー」と悲鳴ばかりあげて、時にはがっかりしてみたり。
以心伝心は必要じゃなくて、むしろ自分の手札の中で10違いをつくり出すのが重要。
そう上手くはいかないから、夢中になってしまうんですけどね。
一度でいいから、ゲームに勝利してみたいです。