・旧貨市場:露店
 Flea Market(1YOO!:2012)


旧貨市場:露店

カードの四方をカードで囲み、手札を手に入れたり、得点を獲得したりするカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームは4人まで遊べますが、2、3人の場合は使うカードは2デッキ。
4人だと3デッキ使います。
最初の手札5枚を持ち、場には4枚のカードが並んでいます。
手番がきたら、必ず最低1枚のカードを場に出します。
カードの出し方は、すでに置かれているカードと辺で接すること、隣接するカードと色が違うこと。
さらに複数枚出す場合は、プレイするカードの順番が昇順か降順で連続していること。
最後に手札が4枚未満の場合は、山札から2枚補充して手番終了です。
カードを出した時、カードの四方すべてにカードが置かれると清算が発生します。
カードを囲んでいる4枚すべてのカードの数字が、囲まれているカードの数字と比べて同じもしくは高い場合、得点として山札からカードを裏向きでもらいます。
逆に囲まれているカードの数字と比べて、同じもしくは低い場合は、山札からカードを引いて手札に加えます。
得点や枚数は、囲まれたカードに描かれているボタンの数によります。
得点なら青、手札補充なら黄色です。
これを繰り返し、山札が尽きたらゲーム終了。
得点として受け取ったカードが一番多い人が勝者になります。

配られた手札は、数字が連続していないので、とりあえず1枚そっと置く。
先手番不利なのは、こういうゲームでは仕方ないし、運良く連続してれば自分が清算出来たはず。
四方を囲んだら、即清算。
周りの数字が小さかったので、得点として青いボタン分のカードを山札から引いて裏向きのまま自分の前に重ねる。
そして清算されたカードは裏向きに。
ここで、ゲーム中1回だけ「自分の色宣言」が出来ます。
清算に使ったカードの色を自分色にすると、以後、その色が清算のたびにボタン1個分増えるのです。
手札が4枚未満なら2枚補充出来るので、出来れば何枚か使いたいけれど、数字が連続してなくて出せない。
意外に悩ましい。
清算が発生しても、その後カードを出せるなら手番を続けられるので、いかに連続数字にして残しておくかも考えつつ。

しばらくした時、ふと気になったことが。
なぜかトド吉がよくカードを引いている。
手札の枚数がすごいことになっていて、あれ?と。
私は清算して引いても、使ってしまうのでそこまでたまらない。
確か周りの数字がすべて小さいもしくは同数じゃないと引けなかったような・・・?
そして、トド吉の清算の時、間違い発覚。

「ねぇ、今さ、周りの数字のほうが大きかったよね?」
「うん。だからカード引いた」
「いやそれ間違ってるけど?」
「え?あ゛ー!」

最初はちゃんとやっていたはずなのに、いつの間にかトド吉だけルール間違ってることが発覚w
中盤過ぎていたけれど、カードをすべてシャッフルし直して仕切りなおし。

練習(?)プレイをしたので、最初からカードの置き方がシビア。
自分が置いて相手に得点されるより、得点出来ないように大きい数字と小さい数字を混在させたり。
そして、必殺5のカード。
「特価」マークが描かれていて、置いたら即清算を発生させられるのです。
手札が序盤から6ばかりで、なかなか得点に結びつかなかったので、少しでもうれしい。
そして、後半怒涛の勢いで得点を獲得していきます。
テーブルの上はカードでいっぱいw
意外に場所とるなぁ(あたりまえだけどw)。

このままでは負けると思ったトド吉が、一気に山札を減らしにくる。
ところが、1枚だけ残ってしまう。
その1枚は私が得点としてもらってゲーム終了。
なんと2枚差で私の勝利。

隣接には同じ色のカードは置けなかったり、四方をすべて高くもしくは低く(同数含む)で揃えるのは大変。
共存しているように見えて、実はどっちが先に清算に持っていくかの競争。
時には選択肢を広げるために、ボタンの多いカードで清算して手札を増やしたり。
簡単なルールなのに、考えなきゃいけないのと広い目が必要で、遊んでいて楽しかったです。

※旧貨市場は以下のルールで遊べます
買い手(2人)
露店(2〜4人)
・投資(2〜4人)
・コンペ(3〜4人)
・注文(4〜6人)
・殺到(6〜10人)