・ネイションズ:ダイスゲーム
 Nations: The Dice Game(Lautapelit:2014)


ネイションズ:ダイスゲーム

ダイスを使って、自分の国家を発展させていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

プレイヤーが持つのは各国のボードですが、プレイヤーカラーなだけで特に初期値の違いはありません。
その他に、購入するタイルが並ぶ進歩ボードに得点ボードがあります。
時代は4時代で構成されていて、1時代が1ラウンド。
進歩ボードに並ぶタイルは、各時代で決められた中からランダムで出てきます。
最初の手番では、まずダイス5個をすべて振ります。
出来るアクションは、振り直し・タイルの購入・偉業の建築の中から1つです。
振り直しはチットがなければ出来ませんが、タイルの購入・偉業の建築はダイス目があれば出来ます。
1アクションずつやっていき、全員がパスしたら持っている書物の数を比べ、さらに飢饉を処理します。
そして、プレイ順を変更して戦争判定を行ったら、ラウンド終了です。
これを4ラウンド行い、自分ボードに置いてあるタイルの勝利点を加算し、得点の一番高い人が勝者となります。

色で選んだので私はギリシャ。
とはいえ、ギリシャだからどうしたということはありません。
トド吉がスタートプレイヤーでゲーム開始。
ダイスは金が多めの良い感じ。
当然それを使って、タイルを購入していく。

対する私はといえば、なぜか書物だらけ。
いや、こんなにいらないし・・・
仕方ないので、最初の手番はまさかの振り直し。
1枚しかない貴重なチットなのにw

タイルを購入するには、物にもよるけれど、たいてい金。
金のマークが多く出るのは黄色いダイス。
でもそれを得るためのタイルが出てこない。
まぁ、時代が進めば出てくるだろうと、とりあえず書物ばかり出るので、青いダイスを入手。
購入した建物は、今までの建物を上書きする形になるので、今まで使っていたダイスはストックへ戻り、新しい建物のダイスがやってきます。
青いダイスは書物が多めだけど、石も多め。
この石は偉業を建築するのに使うのです。
自分ボードにタイルが置かれると、たいていは上書きになります。
でも偉業と土地だけは、上書きになりません。
偉業は購入して置いたあと、石を使って建築してしまえば横にスライドして、また偉業を置けるようになるのです。
とはいえ、序盤の白いダイスばかりでは、そこまで手が回りません。

書物ばかり出る私は書物の得点に集中。
したくないけれど、展開的にそんな流れ。
でも2人プレイだと、書物を多く持っていても得られる得点が少ない。
でも振り直すチットがない。
チット欲しさにタイルを狙っても、金の目が出ない。
なんという悪循環。
ここで剣をしっかり残し、スタートプレイヤーを取りにいくことに。
先にタイルを購入出来るのは強い。

やっとの思いで手に入れた建物で、黄色いダイスを獲得。
これで金が少しでも出てくれれば・・・他が書物とか。
何このダイス運。

いくら2個で好きなもの1個になるとはいえ、効率悪すぎる。
むしろ目の前で金ばかり出すトド吉が憎いw

最後の時代は、お互い偉業狙い。
勝利点も大きいので、見逃せないのです。
振り直すためだけに取りに行った土地も、最後は大活躍。
金が出るまで振り直し。
それでも、順調に勝利点が入る建物を置いてきたトド吉には適わず。
書物で手に入れた得点があっても、2点差で敗北。
2点差はちょっと悔しい。

かなり手軽で、プレイ時間も1人10分という程度。
さすがに初回はもう少し時間がかかりましたが、2回目はとにかく早く終わりました。
負けたままで悔しいし、トド吉がかなり気に入ったようなので、また遊んでみようと思います。
次こそは、もっと使い勝手の良い出目の偏りを期待。
ちなみに、大箱のほうのネイションズはいまだ未プレイだったり・・・w