・ロビンソン漂流記
 Freitag(2F:2011)


ロビンソン漂流記

迫り来る災厄を解決し、海賊船を2隻倒すのが目的の1人用カードゲームです。

ロビンソン漂流記というので、無人島に漂着したロビンソンかと思ったら違いました。
孤島で気ままに暮らしていたら、船が転覆してロビンソン・クルーソーが漂着してきたので、サバイバル技術を教えて海賊船を倒し、帰ってもらおうというのがテーマ。
まずは場のセットアップ。
海賊船をランダムで2枚取り出して並べ、初期の漂流カードをシャッフルして裏向きの山札をつくります。
次に災厄カードをシャッフルして裏向きの山札をつくり、衰弱カードを指定通りの山にします。
体力コマを持ち、警戒カードを最初の緑を一番上にしてセットしたら、早速ゲームスタートです。
基本的には、まず災厄カードを2枚めくり、どちらかを選択します。
次に選んだ災厄に立ち向かうため、自分の山札から戦闘カードを引きます。
この時、災厄カードによって無償で戦闘カードを引ける枚数が違います。
指定の数以上になれば災厄に打ち勝てます。
もし無償の分で足りなくても、体力を1使うごとに、山札から1枚めくることが出来ます。
災厄に屈してしまったら、指定の数から戦闘力を引いた差分、体力を奪われます。
勝てば災厄カードと使った戦闘カードは、自分の捨て札に入ります。
これを繰り返し、災厄カードの山札が尽きるたびに変わっていく警戒カードが、緑→黄→赤と進めたら、最後に海賊船2隻と戦って撃退出来れば勝利となります。

実はこのゲーム、1人用ということで何度か遊んでみたけれど、なぜかいつもどこか間違ってしまう。
あまりにクリア出来ないのと間違いばかりでいやになって、そっと棚に積んでいましたw
見かねたトド吉がインストしてくれるという、1人用なのにおかしな展開ですが、ようやくちゃんと遊ぶことが出来ました。

最初は警戒レベルも緑なので、戦闘カードの効果重視で。
体力もたっぷりあるし、初期戦闘カードはたいてい0なので、うまく配分しながら。
時にはトド吉のアドバイスもあり、順調(?)に災厄を解決しては、自分の捨て札に新しい戦闘カードが入ります。
初期戦闘カードは、戦闘についてしか描かれていませんが、災厄カードは災厄と戦闘二通りの使い方が出来るので、解決出来れば戦闘カードが増えることになるのです。
というか、これでちゃんと増やしていかないと、警戒が黄になる頃にはゲームオーバーです。

ある程度体力を削ってでも、数字が書いてある戦闘カードを入手。
これで少しは戦える感じに。
とはいえ、自分の山札が尽きるたびに、衰弱カード山から1枚が入り込んでくるので、本来なら少ない枚数で解決したいところ。
でもまぁ、序盤はそこまで衰弱がひどくない(だろう・・・)し、途中で諦めるのもいまいち。
あまりにダメな時は失敗扱いにして、マイナスのカードを捨てる作戦もあるのです。
デッキは圧縮しないと。

今までとは違って、なんだか余裕で警戒レベルは黄。
ここからは、少しでも数字が大きいカードを狙います。
災厄カードは終わるたびにシャッフルするので、最終的に赤はすごい数値なのがわかるからです。
そして、この頃になると体力も厳しい。
カードをめくって体力を使うのもいいけれど、体力が入ってくる戦闘カードが少なすぎた。
災厄カードの山札が進むほど、体力がどんどん減っていきます。
でも・・・強いカードは欲しいわけで。

何とか警戒レベル最高までたとりつく(実は初めてw)。
警戒値も段違い。
でも強い戦闘カードを手に入れているはずなので、何とかなるかも?
と思ったものの、やはり幻でしたw
あと少しで海賊船襲撃というところで、引いた戦闘カードが0揃いという。
そして、体力が尽きてゲームオーバー。

これ・・・いつになったらクリア出来るんだろう?

デッキを増やしすぎてしまったのがダメ。
もっと効率良く、ダメージ少なくカードを捨てていかないと。
数字に目がくらんで効果をチェックしていなかったことも多く、破壊を手元に入れすぎたのもダメ。
次くらいには、せめて一度くらい海賊船と戦ってみたいなぁと思うのです。