・クイリー
 Quirrly(Adlung:2010)


クィリー

カード山の中から、自分に必要なカードを見つけて集めていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ルールはいたって簡単。
全員一斉にカード山の1つに手を伸ばし、上からカードをめくって確認して、裏向きで横に置いていきます。
集めるのはマークか色で、どちらにするかはプレイ開始前に決めておきます。
1から13まで集めますが、必ず1から集めなければいけません。
自分に必要なカードを見つけたら、自分の前に裏向きで重ねていきます。
13枚すべて集めたら「ストップ!」と言い、正解発表。
正しく集めていたらその人の勝利で、間違っていたら、その時点で一番多くのカードを集めた人が勝者となります。

SPONSORED LINK

今回は2人プレイなので、カード山は4つ。
集めるのは手軽そうなところで「色」を選択。

「んじゃ、一斉にいくよ。スタート!」

まず手前の山に手を伸ばす。
めくっていくも黄色が出てこない。
出てきたと思ったら、11、12、6とか。
探してるのは1、1なのです。
結局4つ目の山でようやく1を見つけて確保。
でもおかげで、どこの山に何があるのか、ある程度インプット出来た。

「1確保したから、次はこの山だ!」

せっせとめくって、まず3を見かけるも2が先なので、2を確保。
同じ山をもう一度めくって、3確保。
順番通りってせわしいw

10を過ぎると覚えていたのもあって、一気に終わりが近付く。
そして、せっせとめくっていたらトド吉が

「11・・・11どこだ・・・11・・・」

(あ・・・今、私がめくってる山に青の11あるよ)

急にゆっくりカードをめくり出す私。
そして、それに気付くトド吉。

「11そこでしょ!」
「あ、うん、まぁ、そうかも?」

自分の欲しいカードが入っていそうな山札を必ずしもめくれない。
この待ち時間がそわそわして仕方がないのです。
探していたら3つの山すべてになくて、トド吉に

「ちょっと、早く!その山見せて!早く!」

と、せかしていましたw
最後のデッドヒートは私が先に13を見つけて勝利!

遊んでる間は、カードをひたすらめくって重ねての繰り返しに夢中で楽しい。
でも終わった後の徒労感が何とも。
もっと多い人数で遊んだら、夢中になりすぎて、殺気がすごくて怒号が飛びそうw
でもまぁ、こういうリアルタイムで競っていくのは好きです。
マークだとさらに混乱するので、次回はマークで遊びたいと思います。
簡単すぎる人には上級者向けのルールもあります。