・トラックス
 Traxx(Nurnberger-Spielkarten:2015)


トラックス

カードで指定された色をペンでたどって得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各自ボードとペンを持ちます。
カードをシャッフルし、裏向きで山札にしたらゲームスタート。
誰でもいいので一番上のカードをめくります。
カードに描かれている色だけをたどって、ペンで線を引きます。
4色もしくは5色描かれているいるけれど、それは最大数。
もし1つも線が引けない、もしくは引きたくない時はパスを宣言します。
線は両端のどちらかからしか引けません。
数字が書かれているマスを通っていれば得点としてボードの得点欄に記入します。
最初の人だけが数字通りの得点で、2番目以降は半分です。
これを繰り返し、山札が尽きたら終了。
数字の得点から空いているマスをマイナス点として合計し、一番得点の高い人が勝者となります。

「カードめくるよー」

誰がめくっても同じなので、私がめくり当番にw
最初は白、緑、青、黄色。
スタート地点から線をつないで、何とか数字も踏みたいわけで。
全部引く必要はないけれど、空きマスはマイナス点だから、線の方向を考えたら引いておいたほうが良い。
序盤は割と楽に線が引けるけれど、両端の方向を間違えると悲劇。
トド吉がどちらも同じ方向(上)に進んでしまい、死亡フラグ点滅w
そんな中、私だけウキウキとカードをめくってチェックしていく。
線の引き方重要。

「あー、おれここからずっとパスだわ」
「んじゃ、1人でやっておく」

カードめくり当番をかわってもらい、出来るだけ空きマスがないように線を引いていく。
とはいっても、やっぱりどこかで諦めなきゃいけないわけで。
終わってみれば大差で私の勝ち。

「悔しいのでもう1回!」

続けてはボードをかえて挑戦。
4枚のボードはそれぞれスタート位置が違います。

「10点通過!」

「6点通過!」

どんどん数字マスを通っていくトド吉。
ちょっと焦ったけれど、空きマス埋めるほうが重要・・・なはずでした。
さっきの勝利で調子にのった私が、早々に死亡フラグ。
片端が完全にストップし、残り1本で何とかがんばるも、欲しい色が出てこないまま。
そして、大きな空きマスの湖をつくってしまい敗北。
トド吉は40点超えを叩きだし、とってもご機嫌に。

本当にシンプルなのに、線の引き方が難しい。
どっちを延ばすかで、後の展開が違ってきて悩ましいし。
10分程度で終わるし、続けて何度も遊べるし、何となく続けてしまう楽しいゲームでした。

・ゲームストアバネスト:トラックス