・棺桶の中
 Sarge schubsen(Drei Magier:2015)


棺桶の中

ダイス目と同じマークの棺桶を4枚掃除するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ドライマギアの小箱を開けてみたら、カードが棺桶型w
吸血鬼の城の大掃除なので、自分が担当している棺桶を掃除しましょうというのがテーマ。
ゲーム開始時、持っているのは4枚の棺桶。
中にいる吸血鬼と紫か黄色の円にマークが描かれています。
手番がきたら、ダイスを2個振り、この後は全員同時進行。
出た目に合う棺桶を持っている、もしくは誰かが裏返している棺桶が同じだと思ったら、すかさずニンニクに手を伸ばします。
一番早く手を伸ばした人だけが、棺桶掃除の権利を得られます。
自分の前に並んでいる棺桶を裏返す・裏返しになっている棺桶を除去する・他の人の裏返ってる棺桶を表に戻すのどれか。
すべての棺桶は最初表を向いていて、裏返してさらに自分の前から除去すると掃除完了。
間違えた場合のペナルティもあります。
これを誰かが4枚掃除完了したら、その人の勝利でゲーム終了です。

4枚掃除すれば勝てるんだから、きっと楽勝!
そう思っていました・・・最初だけ。

手番といってもダイス振るだけ。
出目を見ると、黄色と月。
おりゃー!と手を伸ばすも、トド吉の手のほうが先。
ところが、トド吉は黄色の月なんて持ってない。

「持ってないよね?ペナルティどうぞ」

山札から1枚めくって棺桶を増やす。
裏向きになっている棺桶があれば、1枚表にするだけで済んだはずなのにw

自分の前に並んでいるのが何なのか覚えておくのは必須。
一旦裏返しにしてしまうと、確認が許されないのです。
そして、他のプレイヤーのも覚えておくと便利。
裏返しになっている棺桶を表にすることが出来るのです。
とはいえ、結局はニンニクに早く手を伸ばさないと何も出来ない。
熱くなってきた瞬間、ダイス目は!マークに。

「・・・あれ?この効果ってなんだった?」

そんな確認をしている間に、忘れていく覚えてたはずの棺桶。
!マークには3種類効果があり、1つはニンニクに手を伸ばしちゃいけない。
うっかり手を出して、泣く泣くペナルティを受けることも。
1回目は、私が途中で混乱している隙に、トド吉が4枚掃除完了。

「もう1回!」

2回目は割と混戦模様。
お互い1回目で慣れたのもあり、スムーズに掃除していく。
途中、トド吉に表向きにされたり、表向きにしたり、棺桶が増えたりしたけれど、私が4枚掃除完了して終了。

なんだかとても熱くなってしまうゲームでしたw
棺桶型なので、シャッフルしにくいのが欠点ですが、クイズの早押しみたいで面白かったです。