・スペルキャスター
 Spellcaster(R&R Games:2014)


スペルキャスター

魔道士となり、マスターの称号を得るため対戦していくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場にはカードを出すためのベースタイルがあります。
ベースタイルは4色で、カードの色と連動。
赤は攻撃、黄色は回復、青は魔術、緑は呪文。
基本的には、ここへカードを出して効果を発動していきます。
今回は2人プレイなので、2人用ルールで。
手番がきたら、自動的に発動する効果を発動。
次に山札からカードを1枚引いて手札に加え、3種類のアクションから2つを実行します。
これを繰り返していくだけ。
青いサファイヤを15個集めれば勝者に、生命力をすべて失ったら敗者になります。
山札が尽きても終了となり、その時点でより多くサファイヤを持っていた方が勝者となります。

SPONSORED LINK

カードの効果が発動するには条件があり、自分がベースタイル上のカードを支配していること。
支配といっても、カードが自分の方を向いているだけなんですけどねw
出す時のカードの向きだけはちゃんとしておかないと、相手に支配権があることに。
さらに、ベースタイル上にはカードをどんどん上乗せしていくので、簡単に支配権がなくなります。

まずはカードを引く。
手札の中には攻撃ばかり。
ちょっと躊躇するも、最初は生命力もあるし・・・ということで、カードを赤のベースタイルに出す。
そして、2アクション目は「この効果発動!」。
早々にトド吉の生命力を2削る。
これで手番終了。あっという間w

続いてトド吉の手番。
トド吉にしてみれば、赤の支配権を自分にしておかないと、次に私の手番がくればまた攻撃されてしまうわけで。
でも・・・持ってないらしいw
回復系のカードを出して、生命力を増やす。
そして再び手番がきてカードを引くと、またしても赤。
トド吉の生命力を0にすれば勝てるけれど、そこは回復されてしまう。
サファイヤを15個集めるといっても、割に使い道があって困る。
とりあえず、回復出来ないように黄色のカードを出す。
そして・・・「この効果発動ね!」
またしても生命力を削る。
4ヶ所あるので、どこへ出すか、手札には出せるカードがあるのか、常にキョロキョロ。
常時発動するカードを出したいけれど、そういったカードはすぐ上書きされてしまう。

私の赤で染まった手札のおかげ(?)で、トド吉の生命力は残り5。
ここからは減らしても増やしたり、どうにか一撃で減らせないものかと考える。
そうこうしてるうちに、私も攻撃されはじめ、どちらか先に倒れるのか!?状態w
そしてやってきた運命のカード。
持っているサファイヤを使って、トド吉の生命力を4削るカード。
もちろん、さくっと出して使って、生命力が尽きたトド吉の敗北。

これ、さくさく遊べて面白い。
カードの効果もそこまで複雑なものはないし、カードの向きで自分が支配しているかどうかわかりやすいし。
何といっても、1ゲーム遊ぶのにあまり疲れないので、続けて遊べます。
てっきり2人専用かと思っていたくらいw
それでいて、生命力とサファイヤの勝ち方があるので、状況によって流れをつくっていく楽しさがいい。
ちなみに、3人なら2対1、4人なら2対2のチーム戦になります。

・ゲームストアバネスト:スペルキャスター