・カカオ
 Cacao(Abacus:2015)


カカオ

タイルを配置してカカオを入手したり、売却したりお金を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

プレイヤーは各自、自分色の労働者タイルとボードを持ちます。
労働者タイルは裏向きでシャッフルし、常に持つのは3枚。
ボードには収穫したカカオ置き場と太陽石置き場、水路が描かれています。
手番がきたら、自分のタイルをジャングルタイルに隣接するように配置するだけ。
タイルには、カカオが採れるプランテーション、カカオを売却する市場、お金がもらえる金鉱、水が手に入る泉、太陽石がもらえる礼拝所、神殿があります。
労働者タイルを配置した時、プレイヤーのタイル間に空きが出来ると、すぐにジャングルタイルを配置して効果を適用。
神殿だけは、隣接している労働者の数を競うので、ゲーム終了時に1位に6点、2位に3点が入ります。
場は常に、プレイヤーのタイルとジャングルタイルが市松模様になります。
これを繰り返し、すべてのプレイヤーが労働者タイルを置ききったらゲーム終了。
神殿を計算し、一番得点の高かった人が勝者となります。

実は最初のゲームが終わってみたら、ジャングルタイルより先にプレイヤーのタイルが尽きてしまう。
これでは、太陽石の使い道がまったくないからおかしい!ということで英語ルールを見たら、しっかり抜けてました。
2人プレイの場合は、指定のタイル7枚を抜いて、残りの21枚でゲームをプレイします。
これならジャングルタイルが尽きて、太陽石の出番があるはず。

ということで、仕切りなおし。
最初は2枚あるジャングルタイルを使うだけなので、そこまで差は出ない。
ちょっと進んだ時に考えておかないと、気付けば後手番がジャングルタイルを置けるという状況に。
さっきはそれで失敗したので、今度こそ・・・と思いながら、神殿を囲んだり。
ところがそういう時に限って、補充したら神殿が連続で出てきてしまったり・・・
基本的にはカカオを採って売るわけで、お金がそのまま勝利点なので、出来るだけ高く売りたい。
でも持てるカカオは5個まで。
2個採れるジャングルタイルに労働者2人を向けると、それだけで4個入手出来るわけで。

自分のタイルも労働者の数が違うので、どこでどう使うか悩ましい。
3人描かれているタイルは強いけれど、0人の方向があるので、そこを上手く使われてしまったり。
それでも、自分なりにはカカオを高く売って、神殿もそこそこ出来て、水もちゃんと取れてる。
そう思っていました・・・ゲーム終盤まで。
気付くと、トド吉がやたらとお金を持っている。
さらに水路のコマを進んでいて、そんなに差がない。
これは何かで挽回しないと!と思うも、残った自分のタイルは、四方に1人ずつの平等タイル。
そこで使うのがマンホールにしか見えない太陽石。
最後まで持っていれば1枚1金にはなるけれど、上書きすることで勝てる場所があるはず。
必死になって探すも、普通に置いたほうが収入が多いことに気付き、普通に配置。
最後はトド吉がタイルを置いて、またしても負け。

終了後、どうしたら良かったのか会議w
2人はかなりガチ。
自分に入ってくる金額を計算しつつ、相手の金額をいくら削れるかまで考えないとダメ。
細かい攻防があるので、常に頭の中は計算しっぱなし。
タイル配置だと、どうしても自分の利益だけ追ってしまうけれど、それだけでは勝てないことに気付く先手番でした。
これはぜひ3人でも遊んでみたいと思います。