・アーボレータム
 Arboretum(Z-man:2015)


アーボレータム

カードを並べて樹木園(アーボレータム)をつくり、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

10種類の木々には、それぞれ1から8までの数字が書かれています。
今回は2人プレイなので、使う木は6種類。
種類によって色分けされているので、見やすい木を選択。
ゲームの目的は、自分の樹木園にカードを並べて、木の小径をつくって得点を獲得するだけ。
ルールはとてもシンプルで、カードを2枚引き、手札から自分の樹木園にカードを1枚出して、最後に1枚捨てます。
常に手札は7枚です。
ただし、小径には決まりがあり、必ず昇順になること。
そして、始まりと終わりが同じ種類の木であることです。
逆に言えば、中間は色関係なく、数字のみを気にします。
さらに、きれいに並べたからといって、必ずしも得点に結びつくとは限りません。
カード山が尽きたら終了で、得点に出来るかどうかはここからです。
手札から得点にしたい小径と同じ種類の木を出し、数字が一番高い人のみ得点を獲得します。
最大数字は8ですが、他の人に1を出されてしまうと0になってしまいます。
昇順で出来るだけ多くカードを並べつつ、手札に勝てる数字を残して置かなければいけないのです。
すべての小径を計算したら、得点の一番高い人が勝者となります。

2人なので、常にお互いの樹木園を気にしつつスタート。
まずは山札から2枚。
手札として持っているカードと同じで低い数字を引けたので、とりあえず1枚出す。
そして、8と7以外、中途半端で1枚しかないカードをそっと捨てる。
捨てるのも考えなければいけなくて、捨て場はそれぞれ個別になっていて、他のプレイヤーの捨て場からカードを補充することが出来るのです。
うっかり捨ててしまうと、養分になる可能性も。
特に序盤は見えていないので、とりあえず我が道を走りつつ、トド吉が何の木で集めていくのかをチェック。

次第に小径が出来てくると、1が出てるかどうか気にし始めます。
8を手札に抱えて得点にしたいorさせたくないので、1がでるチャンスを待ちます。
0にされたら持っているだけ無駄w
トド吉が1を出したのを見て、残す8を避けて置いて、までは並べてもいけるから・・・と、常に考えています。
7枚の手札は多いかと思ったらそうでもない。
得点計算のことを考えると、捨てられないカードばかりが増えていく。
でもそれはお互いさま。
それなのに、樹木園は昇順しばり。
見た目は雰囲気いいのに、何このゲーマーズゲーム。
お互いにきりきりするくらい、カードを絞っていきます。
2人だから、余計にそうなのかも。

そして、損切り状態で捨てたカードをトド吉が拾っていく後半。
ならば得点チャンスはつぶしてやる!と、やっぱり手札の中で8を避けておく。
そして、あっという間に山札が尽きていく。
最後の4枚くらいになれば、これで出てこないということはあっちが持っているはずだから、だったら無理せず並べて・・・

そして得点計算。
「紫の木を計算しまーす」
お互いに紫の木のカードを出す。
「まぁそうだよね」
「そりゃそうだ」
そんな感じで進んでいくけれど、お互いにつぶし合ってるので、得点が入ってこないw
結局、並べたカードに比べてとっても少ない得点競争になり、私の勝利となりました。

見た目は和みそうな樹木園つくり。
でも実際は、常にカードをどうするか悩んで、きりきりします。
必死になってカードを並べただけでは得点にならないという、徒労感をたっぷり味わえるゲームです。
どこまでカードを残すか、どの色を捨てるか、さらに他の人の捨て場には何の数字が捨てられているかなど、気にすることはとても多く、胃にずっしりくるゲームでした。
これ好きな人には、たまらない面白さがあるんじゃないかな。たぶん。