・戦国時代(ライナー・クニツィアの戦国時代)
 Age of War(Fantasy Flight Games:2014)


戦国時代

ダイスを使って城を攻め落とし、得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場に並ぶのは日本の城が14城。
城はそれぞれ得点が違い、さらに色分けもされています。
カードに描かれている、必要とするダイス目すべてを揃えることが出来れば落城。
さらに、他プレイヤーが落城させて持っている城も攻めることが出来ます。
同じ色の城すべてを獲得することが出来れば、城カードを裏返すことで得点が増え、他プレイヤーから奪われなくなります。
手番がきたら、まずダイスをすべて振ります。
次に城攻めをはじめるか、振りなおすか選びます。
振りなおす場合、ダイスを1個捨てることになります。
城攻めをする場合、戦列ボックス1列を埋めるように、指定のダイス目を置きます。
残ったダイスを再び振りなおし、攻めている城の戦列ボックスに置き、を繰り返していきます。
指定のダイス目すべて揃えることが出来れば落城。
城カードを自分の前に表向きで並べます。
これを繰り返し、場からすべての城がなくなったらゲーム終了。
書かれている城の得点を合計し、一番高い人が勝者となります。

私が先手番でスタート。
まずはダイスを振る。
出目を見ながら、どれを狙えそうか考える。
剣のマークは1本から3本まであり、攻城に必要な本数を出来れば少ないダイスで揃えたい。
ここは、騎馬か弓を先につぶしておくか・・・

とまぁ、この調子で攻城を続けていきます。
手番が終わるまでに、ダイスがちゃんと残って言うことをきいてくれれば落城w
早速、自分の前に並べます。
当然トド吉は同じ色を狙ってきます。
落城させて持っていれば、次に私が持っている城を狙えば色が揃うわけで。

色によって城の枚数が違い、黄色は4城ないと揃わないかわりに、揃えると3点アップ。
そんな簡単にはいかないので、まずは2城しかない色を中心に攻めます。
ところが、そこはダイス。
まったく言うことを聞かないw
どの戦列ボックスをつぶしておくか悩んでも、次に振りなおした結果、欲しい目が出るとは限らない。
しかも、戦列ボックスが1個しかないならいいけれど、2個あると同時に両方の目が出なきゃいけないわけで。
これ、意外に難易度高い。

知らない城が多い中、知っている城は狙いたくなるわけで。

「江戸城いく!」

ところが失敗。
トド吉も「じゃ、おれも江戸城を」と言いつつ、やはり失敗。
簡単そうに見えて、なぜ揃わないのかww
結局諦めて違う城へ。
終盤ともなれば、残っている城は少なく、ここで紫の北ノ庄城へ。
なんとここが最難関。
何度挑戦してもお互いに失敗し、それまで失敗していた江戸城を簡単に落城。
さらに清洲城も落城。
なんという手強さ北ノ庄城。
面白いほど失敗しました。

もうすぐ終わりというところで、お互いの得点を残っている得点を計算してみたら、何をどうがんばっても私の勝利が決定。
2人プレイだからなんでしょうが、あとはもう消化試合。
そして、そんな気が抜けた状態だと、狙っている目が良く出て終了。
結果は私の勝利でした。

手軽なダイスゲームだけど、テーマが城というのが好印象。
海外の城は知らないけれど、日本の城なら少なくとも知っている城があるわけで。
「江戸城落城!」なんて叫びながら遊べるのも、魅力の1つではないかな。
ただ、2人プレイだと決着が見えてしまうので、そこが雰囲気壊してるような気がします。
まぁ、そこまでに逆転のチャンスを狙っておけば良いという話なのですがw
このゲーム、買いそびれているうちに、あちこちから在庫が消えて困っていたんですが、書泉グランデでまだ売ってるのを見つけて、即買いました。