・ヤードマスター・エクスプレス
 Yardmaster Express(Crash Games:2014)


ヤードマスターエクスプレス

決められた枚数の貨物車カードで、より得点の高い列車をつくるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ヤードマスターの拡張かと思ったら、まったく別ゲームでした。
カードもこちらは正方形。
今回は2人プレイなので、紫はなし。
貨物車カードをよくシャッフルして、中央に置いたらゲーム開始。
手番がきたら、山札から1枚引いて手札に加え、1枚を自分の列車につなげて、残りを左隣りの人に渡します。
貨物車を自分の列車につなぐときは、数字が同じか色が同じのもののみ。
つなげないなら、裏返すことでオールマイティの貨物車としてつなぐことが出来ます。
これをぐるぐる続けていって、2人プレイなら7ラウンド終わればゲーム終了。
つないだ貨物車の数字の合計と、同じ色が連結されているブロックの数を足して、高い人が勝者になります。

トド吉が先手番だったので、渡された貨物車カードを見る。
山札から1枚引いてみるも、いい数字がない。
トド吉の列車をちらっと見て、違う色にしようと思い、自分の列車につなぐ。
残りをトド吉に渡して・・・と、これを繰り返していく。

とりあえず、手札が3多めだったので3でつないでいったら、何となく青が良い感じ。
早速、青でつなぎだすと、いい調子で進んでいく。
でも数字が2ばかり・・・
最後は色つなぎも大切だけど、そもそも数字が低いとどうにもならないような。
トド吉はどんどん私より大きい数字でつないでいく。
つなげなければ裏返し。
私の場合、裏返して色をかえたほうがよかったのかも。どうせ2ばかりだし。
終わってみれば、トド吉の勝利。
そりゃそうだよね。
カードを再びシャッフルして、もう1戦。
プレイ時間が短いので、何度も遊べるのはいいところ。
でも早く終わりすぎて、だんだんプレイが雑になっていくような・・・?

2戦目は大差で敗北。
またカードをシャッフルして・・・と、結局4戦やって3敗したところでやめ。
次は拡張を入れて遊んでみようと思います。

本当に短期決戦のゲームでした。
私の好みでは、ヤードマスターのほうです。
これはもう完全に好みの問題だと思う。
自分が残したカードのうち、何枚かはもう一度くるのがわかっているので、そこの読み合いになるんだけど、すぐ終わる読み合いがあるカードゲームは、少しおなかいっぱい感が・・・。