・ヤードマスター
 Yardmaster(Crash Games:2014)


ヤードマスター

自分の機関車に貨物車をつなげていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

貨物車と積荷は色が合うようになっていて、積荷を使ってカードを手に入れていく形です。
カードには数字が書かれていて、その数字分の積荷を出すことで貨物車を入手出来ます。
ただし、つなげられる貨物車は、同じ色か同じ数字のみ。
合わない貨物車でも、操車場へ確保しておくことが可能です。
手番で出来るのは2アクション。
並んでいる貨物車を1枚取るか、積荷カードを1枚引くか、交換比率トークンを入れ替えるか。
積荷カードの中には、ボーナスカードが入っていて、これはアクションを消費せずに使えます。
他に、ヤードマスターがあり、手番のアクションが1回増えます。
どんどんつなげていって、誰かが目標得点に到達したら、その人の勝利でゲームが終了します。
今回は2人プレイなので、目標得点は18点です。

とりあえず、カードが揃わなきゃということで、まずは積荷カードを1枚。
いまひとつなので、もう1アクションも積荷カードを引いて終了。
トド吉も同じく。
ある程度、積荷カードがたまってくると、狙うは貨物車。
出来れば数字が高いほうがいい。
でも積荷が揃わない。
とりあえず、2が多く並んでいるので何とかなるだろうと黄色の2を取ってつなげる。
最初は何でもいいので楽だけど、次につなげる数字と色を気にしたら、2は妥当だったと思う。
そして、たまったカードで今度は紫の2をつなげる。
貨物車の購入は手番中1回だけなので、すぐに入れ替わらないのも助かる理由。
ここで、黄色のカードがたまったこともあり、交換して紫の3を購入。
見ればトド吉は1の貨物車が多め。
これなら一気にいけるはず。

手札の積荷と貨物車が合っても、自分の列車とは合わないこともしばしば。
先に貨物車取ってくれないかなーと思っても、それはお互い同じこと。
少しがんばって4の貨物車を手に入れ、とりあえず操車場に置いておく。
これで同じ色か数字の何かをつなげることが出来れば、一緒につなげることが出来る。
あきらかにトド吉の列車のほうが長いけれど、数えてみれば数字はこちらが有利。
そして、交換トークンを取り替え、今度は青へシフト。
おいしそうな数字の貨物車を手に入れたら、2:1で交換しても使えるから。
この読みが当たって、最後は4の貨物車を2つつなげて勝利。

うん。手軽でいいね。
20分かからなかったし、2人なのでヤードマスターも交換で使えたし。
積荷カードを2枚引けるボーナスカードがいいタイミングできたのもよかった。

手札の色が寄ると、貨物車が違う色で寄ってたりして、そこをどうするかにらみ合いになったり。
さくさく遊べて、ちょっとした時間で遊ぶには楽しかったです。