・カメレオン
 Cameleon(Blackrock Editions:2010)


カメレオン

最初に引いたカードと同じ要素3つを早く集めるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

今回は2人なので、お互いに同じ枚数の山札を持ち、交互にカードを出していき、お題は1枚。
3人以上なら1人がディーラーとなり、カードをめくる役目をやり、さらに各プレイヤーは違うお題を持ちます。
ゲームはいたって簡単。
最初に1枚カードをめくり、これと同じ要素を探します。
裏向きの山札から、交互にカードを1枚ずつめくっていきます。
要素は数字、背景色、描かれているイラストの3つ。
これに合うカードがめくられたら、素早く手を伸ばして、早いほうがカードを獲得します。
繰り返していき、3つの要素を先に集めた人が勝者となります。

3つの要素がいまいちピンとこなかったけれど、やっていくうちにわかりました。
今回は緑の背景色、数字は7、イラストはヒツジ。
つまり、背景色が緑のカード、数字が7のカード、ヒツジのカードの3枚を集めればいいのです。
これなら簡単じゃない?ってことで、早速スタート。

始めてみたらわかったことなんですが、間違えやすいw
各カードはすべて違う組み合わせになっているので、違うけれど手を伸ばしそうになる。
特に数字。
7なのに9と6に反応してしまったり。
先に手を出さなきゃ!と思っているので、常に焦っている状態。
もう1つ厄介だったのが、手を置いたらカードを確認しないで、そのカードが何だったのか答えなきゃいけないこと。

「緑の背景色で・・・太陽で・・・数字は6だった!」

獲得したカードは自分の前に並べます。
狙うはカメレオン。
オールマイティなので、取れたら何の要素にでもなる素晴らしいカード。
でも出てこない。
狙ってる要素がなかなか出てこないと、ついつい気がそれる。
そんな時に限って出てきて、トド吉に取られたり。
油断できない。
でも慌てて手を伸ばしすぎて、手を置いたカードの3つの要素を言えなかったり。
早く、でも一瞬で覚えなきゃいけない。
最後は2枚ずつのリーチ状態で、ひたすらカードを見つめていましたが、ここでカメレオンが出て

「カメレオン!」

私が3枚揃えて勝利となりました。

小さい箱だし7人まで遊べるらしいので、正直どうかな?って思ったけれど、2人でも充分面白いです。
すぐ終わるのもいい。
3つの要素に翻弄されながら遊ぶのは、かなり楽しかったです。