・キャメルアップ 2014年ドイツ年間ゲーム大賞
 Camel Up(eggertspiele:2014)


キャメルアップ

ラクダのレースでお金を稼ぐゲームです。
6人でプレイ。

以前4人で遊んだ後、和訳ルールにエラッタが見つかり、その後遊ぶ機会がありませんでした。
今回、正しいルールで遊ぶ機会があったので、持ち込んでみました。
ゲームの内容はこちら キャメル・アップ
自分用のタイルを持ったら、ラクダのスタート位置をセットして、早速ゲームスタートです。

スタートしてすぐに、ラクダ3頭が爆走。
上手いこと他のラクダに乗って、トップ集団へ出ます。
逆に青と白が脱落気味・・・
スタートからこれでは先が見えてるんじゃ?という展開に、残りダイスからレグベットタイルの獲得合戦。
次のレースで、オレンジが爆走しすぎて、逆に目をつけられる。
ここで発足「オレンジ阻止委員会」。
あきらかに最終的な1位に2人賭けてるのを見たら、そりゃこうなるよね。
3回目のレグでは面白い展開。
置かれたマイナスタイルでラクダがひたすら戻ってタワー状態。
そこへ最後尾から青と白がプラスタイルでやってきて、まさかの全ラクダタワー完成w
こういう展開になることもあるんだぁと思いながら、先がまったく見えなくなって面白さが増す。
さすがに差がついてると、全員のモチベーション的にもよろしくないので、俄然楽しくなってくる。

ゴール近くなると、タイルを置いて1金稼げる人が決まってくるので、早々に置かれる。
これで展開が見えなくなる。
「これ黄色じゃない?」
「いやいや緑もわからんね」
「青と白の猛追がすごいから勢いでいくかな」
青に賭ける人とビリに賭ける人、レグベットタイルがすごい早さで売り切れ。
4回目のレグが終わったところで、緑と白が戻ったおかげで残り3頭がリード。
現時点で頂上は青。
ならちょっとラクダを進ませてみよう。
そう思ってピラミッドを逆さまにしてみると、まさかのオレンジ3。
上に乗っている青共々、ゴールラインをいきなり割ってゲーム終了。
「あ゛ーーーーー!」
「いきなり終わった!」
私は最終的な順位にカードを置く時間もなく、レースはあっけなく終わってしまったのでしたw
途中稼いでたお金も、最終的な賭けに勝った人にはかなうはずもなく。
それでも全員がそこまで差がなく終わりました。

やっと6人でプレイする機会に恵まれましたが、人数でそんなに展開は変わらない印象。
序盤であきらかに脱落気味のラクダが出ると、人によってはやる気を失いがち。
でもタイルを置くことで、一発逆転の目があったりするので、上手く使うと盛り上がります。
実際今回も、オレンジがぶっちぎってしまったんですが、「オレンジ阻止委員会発足!」とタイルをマイナスで仕込んで、偶然にもすべてのラクダが1つの山になりました。
最後は意外なほどあっけなかったですが、途中の予測不能な展開は、かなり盛り上がりました。
正しいルールなら、自分からダイスを選ぶ選択肢の重要度が下がるので、落ち着いてレグベットタイルを取りにいけたりしたので、そこだけが違う感触だったかな。
人数関係なく、プレイ時間が変わらないというのもいい。
ただ、考えすぎちゃう人は本当に考えちゃうのを見ると、向き不向きというかプレイ時間の幅が広いゲームなのかも知れません。