・ハワイキ
 Hawaiki(Ilopeli:2014)


ハワイキ

3ヶ所のどこかにカードを出して、セットをつくって攻撃しながら、自分の手札をなくすゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

最初にもらうのは、10個のトークン。
そして手札6枚が配られます。
ゲームはいたって簡単で、場に3枚並んでいる場に、手札から1枚を出していくだけ。
出せる条件は、同じ色か同じ数字。
この3ヶ所の並びで役が出来れば、役にあった効果が発動。
役は、ペア・ストレート・フラッシュの3種類。
手札を出したくない、もしくは出せなければ、山札からカードを1枚引きます。
手札がなくなった人が出たら、そこでラウンド終了。
他のプレイヤーは、手札に残った枚数分、トークンを捨てます。
これを繰り返し、誰かのトークンが0になったらゲーム終了。
一番多くトークンを残している人が勝者となります。

早速トークン10個を持ち、さらに手札6枚を持ってゲームスタート。
役をつくるために、場に並んだカードを眺めて色と数字チェック。
出せるなら出したほうがいいんじゃ・・・?となり、とりあえず1枚出す。
数字が同じカードを出して、色を変えるの大切。
そのうち、いいタイミングで役が出来そうに。

「フラッシュ!」

カードを出して、3ヶ所が同じ色のフラッシュ完成。
効果は2人に1枚ずつか1人に2枚、山札からカードを引かせる。
2人プレイなので、1人で2枚は確定なわけでw

「まいどありがとーございます (´・ω・`) 」

カードを引かなきゃいけなくなった時、1枚なら「ありがとう」、2枚なら「毎度ありがとうございます」と言わなければいけないのです。
言うのを忘れると、さらに山札から2枚引かなきゃいけないという。

ゲームはあっという間に私が手札出し切って、まずはトド吉のトークンを4枚没収。
次は手札の流れがいまいちだったけれど、終盤トド吉もいまいちだったらしく、私のトークンが1枚減っただけのダメージ。
何となくコツをつかんできたところで、再びトド吉のトークンを減らしに。

「ま、まだ!まだ生きてる!」
「でもウルトラマンだったら、赤いの点滅してるよね」
「そんなのとっくだよ・・・ (´・ω・`) 」

トド吉残りトークン1枚。
そして、必死のトド吉がすごい勢いでカードを減らしながら、私に役の効果をぶつけてくる。
おかげで手札がいっぱい。
この手札いっぱいを生かして、自分が持っている色に偏らせていく。
残り1枚となったトド吉が、逆に出せなくなって山札から引いていくのを繰り返していくうちに、まさかの手札枚数逆転現象。
私が最後の1枚をフラッシュで出し切り、「まいどーありがとーございます」と言いながらカードを引いたトド吉4のダメージ。
私の勝利で終了となりました。

この会社のカードゲームは、小箱で割と気に入ってたりします。
でも今回は箱も大きくなったし、おっ!?と思うところがなかった印象。
特に新鮮味はないけれど、「ありがとう」言い忘れでカードが増えていくところは盛り上がりました。
しょんぼりしながら「毎度ありがとうございます」は、聞いてるほうは笑えます。
そういう盛り上がりを期待する人向け・・・かな?

・ゲームストアバネスト:ハワイキ