・バグレース
 Bug Race(RightGames:2014)


バグレース

自分の虫の足を動かして移動させ、一番早くリンゴに到着するのを目指すゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ルールはいたって簡単。
山札から各自2枚ずつカードを取り、1枚をドラフト。
次に2枚のうち1枚を出し、カードの指示通りに自分の虫の足を動かします。
そして残り1枚を出し、さらに足を動かしてターン終了。
これを繰り返して、虫の体のすべてがゴールラインをこえたらターンでゲーム終了。
他にもゴールラインをこえてる虫がいたら、足がより先にあるほうが勝者です。

SPONSORED LINK

「きも!カミキリムシきもい!」

この一言から始まりました。
でもまぁ、すぐに慣れるもので。
カードを2枚見て、ちらっとトド吉の虫を見て、そっとカード交換。
もらったカードに悲鳴あげながら、とりあえず1枚目をそっと出す。

虫の足の動きがちょっと面倒で。
足は体の斜め前までならOK。
それ以上離れてはダメ。
さらに、足はカードで指定された足しか動かせないんですが、動かす先に空きがないと動かない。
なので、最後尾の足を動かそうと思っても、すぐ前に真ん中の足があると動かないのです。
思ったより、まじめに考えないと、すぐに虫は動けなくなります。
足が動けば体は自動で動かせるので、足がすべて。
とはいえ、そんな上手くはいかないので、カードを出す順番で何とかしていきたいところ。

「後ろ足!後ろ足が動かない!」
「前足だけ進んでも意味がない!」

会話だけ聞いてると、ちょっとあやしいw
レースはどんぐりの背比べ状態で、お互い最後尾の後ろ足が動かず停滞。
そこへカードがやっときた!と思ったら、2枚とも最後尾が動く。
自分はどちらも動かせるけれど、よく見たらトド吉は中央の足が邪魔していて動けない。
そちらのカードをそっとプレゼント。
これで一気に追い越したものの、その後はまた足が上手く合わず、結局トド吉がりんごへ到達してゲーム終了。
あと1歩、あと1歩、後ろ足が動いてくれていたら・・・。
とはいえ、前足の差で負けてはいたんですけどねw

まず、虫を見るのもいやな人は遊んではダメです。
苦手な人向けとして、裏面がムシメカ等になっていますが、はっきり言ってムシメカがすごいきもいです。
ぞわぞわします。
特にもう、黄色はほんとに・・・
テントウムシとかもいるので、色ではなく虫で決めたほうが良いかと。
虫が平気なら、想像していたよりちゃんとしたレースゲームで、考えないと本当に虫が動きません。
終わった後、「出オチかと思ってたらちゃんとゲームだった」とか「虫を見なければ楽しかった」とか感想戦。
コースが短いので、あっという間に決着するかと思ったらそうでもなく。
もどかしいくらいに、足がカードと合いませんでした。
このゲーム11歳以上なんですが、なぜなんだろう?と。
ドイツだったら8歳以上とかになりそうでした。
あと意外に場所を取るので、4人で遊ぶ時にはテーブルの大きさに気をつけたほうが良いです。

ゲームストアバネスト:バグレース