・委員会と契約
 Councils & Contracts(Mucke Spiele:2013)


委員会と契約

自分の労働者を委員会や建設プロジェクトに置き、建設アクションを実行して得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ルールはシンプルで、手番がきたらアクションを1つ実行するだけ。
自分が持っている労働者を委員会に置いて影響力を手に入れ、それを使って建設プロジェクトを開始します。
既に並んでいるカードに隣接させて並べ、自分の労働者をカードに配置。
この時点で得点が入ってきますが、さらに建設アクションで、指定の影響力を支払うことで、カード効果を実行し、手元に労働者を戻します。
基本的には、手元に労働者がいる場合は、委員会へ配置するか建設プロジェクトを開始するかのどちらか。
労働者がいない場合は、委員会から手元に労働者を戻して影響力を手に入れる問題解決か、建設プロジェクトを実行するかのどちらか。
委員会に配置する労働者は、異なる場所に3個か同じ場所に2個。
手に入れた影響力は、自分の前に置いてあるカードで表示します。
もちろん使えば減ります。
これを繰り返し、山札が尽きて、場に並んだ建設プロジェクトが4枚以下になったら終了フラグ。
2回ずつアクションを好きに選んで実行したらゲーム終了。
残った影響力で最終得点を加算し、得点の高い人が勝者になります。

委員会で影響力と言うと、ちょっと難しい感じがします。
手元にミープルがあったら、ミープルを配置するアクションで、なかったら回収と覚えておけばスムーズ。
影響力というか、リソースというか。
得点が入ってくるのは建設。
建設するためには、並んだ中から良さそうなものを選んでおいて、必要なリソースを集めにいく感じ。
わかってしまえば単純なので、割とさくさく進みます。

「ここに2個置く」
「んじゃ同じところに1個と、こことここに1個ずつ」
「む・・・じゃ、こっちに2個」
「それじゃ回収するから、そっちもミープル持っていって」

労働者コマの数で、入ってくるリソースが違います。
1個しか置いてないと、そもそも入ってくるリソースは0。
自分で回収を選んでいれば、回収を宣言したことで最低1はもらえるけれど、それがなかったら何ももらえない。
手元から労働者をなくすためだけに置くことも。

手元に労働者があると回収出来ないのが、ちょっとした縛りになっていて。
相手が持っているリソースもチェックしておくと良い。

(あ・・・これ持ってないから先にこっちを建設かな)

序盤のうちに、取れるだけ4種類のリソース集め。
1つだけ委員会にないリソースがあるので、それを手に入れる建設プロジェクトを探す。
が、タイミングが悪く、良さそうなものはすべてトド吉に。
どんどん離れていく点数。
でも追いつくかな?思って、とりあえず地道にカード効果を比較しながら。

次にこれを建設したいけれど、リソースを手に入れようとしたら労働者が戻ってきてしまう悩ましさ。
ある程度、好きなように建設できるようになると、いかに手元から労働者をなくすかが重要。
カード効果も強いのから弱いのまで。
もっとも、効果が強いカードは、建設した時に入ってくる得点が低いわけで。
途中で30点近く差がつくも、中盤過ぎにはカード効果も相まって、じわじわと追いつく展開。
ある程度建物カードが並ぶと、相乗効果で得点も跳ね上がる効果もあるわけで。
余所見出来ないというか、常に左右見ているというか。

2人プレイなので、さくさく進んでいる割には、意外に時間は経過していて。
山札が尽きて、並んでいる建設プロジェクトも4枚以下になったところで終了フラグ。
最後に出来ることは、得点が入ってくるプロジェクトとリソース回収でした。
終わってみれば、あんなに点差があったのに、その差10点以内。
でも敗北。

このゲーム、小さな缶に入っています。
手荷物検査と同じ缶かな?大きさ的にも。
その中に、人数分のミープルと小さいカードがぎっしり。
きれいに片付けないと、缶の蓋が閉まらなくなることも。
それでいて、内容的にはボードゲームと変わらない内容です。

・ゲームストアバネスト:委員会と契約