・ウォッシュダッシュ
 Wash Dash(Brain Games:2014)


ウォッシュダッシュ

お題カードの通りに、早く洗濯物を干していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各自、自分の物干し台を持ちます。
カードにはイベントと課題があり、プレイヤー人数より1枚少ない枚数が場に出ます。
課題にはピンチと洋服の指定と、完成させた時の点数が書かれています。
スタートの合図と共に、一斉に課題通りに洗濯物を干し、カードの通りに干せたら、すぐそのカードを取ってラウンドから抜けます。
場に出ている課題すべて完了したら、間違いがないかチェックします。
きちんと干せていればカードを得点として獲得し、間違っていたら、このラウンドで取ったカードとそれまでに獲得したカードの合計2枚を捨てます。
山札がなくなったらゲーム終了で、獲得したカードの得点を計算し、一番高い人が勝者となります。
今回は2人プレイなので、場に出るカードは2枚だけど、どちらかが完成させたらラウンドが終わる早干し競争です。

「よーい・・・スタート!」

同時にめくられたカードを見ながら、指定の洗濯物とピンチを持って干します。
組み立て式の物干し台は、上手くやらないとすぐ崩れますw

「できた!」

早速洗濯物チェック。
合っていれば、その課題カードを得点として獲得します。
これをひたすら繰り返していきます。
黙々と干してはカードを受け取り、の繰り返し。
2枚のうち1枚がイベントカードだと、同時に同じ課題をやるのでかなり本気。
描かれている指定が逆になったり、早く出来上がったほうに1点入ったり。
物干し竿1本に1枚の洗濯物しか干せないので、基本的には2枚のうち点数低め狙いが多くなります。
が、ちょっと長い。
もう少し・・・あと少し・・・と、カード山を見つめていたんですが、ようやく終了。
もちろんというか、私のぶっちぎり勝利でした。
負けたトド吉の一言が面白かった。
「洗濯物ゲームに当たりなし」
「私がどんだけ洗濯物干してると思ってるの」
「あ、うん。そうだよね・・・ (´・ω・`) 」
そういえば、前回HABAの洗濯物干すゲームでも負けてたなぁとw

洗濯物を干すゲームは意外に盛り上がるんですけどね。
盛り上がりきらずに終わりました。
2人から4人の場合は、カードを20枚除去しているんですが、2人ならもうちょっと少なくてもいいかな。
6人まで遊べるので、機会があったら遊んでみようと思います。
大人数ならもっと楽しく、盛り上がれる・・・はず。