・アンドールの伝説 星の盾
 Die Legenden von Andor - Der Sternenschild(Kosmos:2013)


アンドールの伝説

プレイヤーが協力して伝説をクリアしていく「アンドールの伝説」の拡張セットです。
トド吉と2人でプレイ。

前回、基本セットの最後のシナリオをクリアしたのが2013年7月。
昨年JGCで先行販売していたのを入手したものの、なかなか遊ぶチャンスがなく、年を越してしまいました。
ドラゴンを倒した勇者たちは、アンドール侯に叙任されました。
そして、ひとときの平和の後、再びゴルとトロールたちが襲撃してきました。
今回のシナリオでは、城を守りつつ、アンドール侯としての任務を達成し、脅威を撃退します。
任務と脅威はランダムで出るので、何度か楽しめるようになっています。
お互い前回からのキャラクターを持って、早速ゲームスタート。

とまぁ、軽い気持ちではじめたんですが・・・なんと3回ほど失敗しましたw
そもそも体力も装備もないのに、ゴルに特攻していったのが原因。
敵を倒したら語り手が進むのを忘れていたり、細かいミスがあったのに負けるという。
しかもその3回すべてで、トド吉が「とりあえず倒しておいてよ」とか気軽に言うから・・・
微妙な空気が流れる中、落ち着いて説明書を確認して4回目のトライ。

ネタばれになるのもあれなので、軽く書き残します。
ともかく、敵は放置しておいて、まずはアンドール侯としての任務を優先させます。
農民を連れにいくトド吉に対して、森の中で魔女探しをする私。
こういう時に限って見つからない魔女。
拡張から追加になった鷹を連れるも、アイテムの交換などしてる余裕もなく。
お互い自分のキャラクターをどう動かすのか相談しながら。

そして、やっと魔女が見つかる頃には、すでに脅威が公開されていたので、一旦城へ集まることに。
が、城からすぐ近くでトロールが投石器を使ってる。

「トロールって投石器使えるんだ・・・」
「進化したんじゃん?」

まだ軽口が出るので、ちょっとだけ余裕があります。
ここからはもう、綿密な相談と時間の計算。
体力を購入しヘルムも装備して、準備万端。
投石器から飛んでくる石が曲者で・・・連れてきた農民がいなければ、確実に間に合わなかったです。
しかも近寄ってくる狼。

「そういえば、狼手懐けるのにいいキャラいるらしいよ」
「でも今日はいないんだから仕方ないよね」

狼を味方にしている時間などなく。
投石器から飛んでくる石を避けつつ、トロール撃破。
かなり苦しかった・・・

やっぱり面白い。
始める前は、お互い細かいところまで覚えてないのと、持っている本体が英語版なのもあって、細かい用語でも四苦八苦。
拡張のルールはあくまで拡張なので、本体のルールブックとにらめっこ。
そうこうしてるうちに、かなり時間をとられてしまいテンションが下がったんですが、遊びはじめれば面白さに夢中。
さらに難しいシナリオもあるので、次回はそちらを遊びたい。
ただ・・・あやふやな記憶ではじめましたが、チュートリアルを軽く流してから始めればよかったです。