・枯山水
 Stone Garden(New Games Order:2014)


枯山水

自分の庭をつくり、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは自分用のボードを持ちます。
このボードに、砂タイルを並べて石を置いて庭をつくっていきます。
ゲーム開始時に、各自庭園カードが配られるので、指定の庭が出来ればボーナス点。
さらに作庭家カードも配られるので、必要な時に力を借りることが出来ます。
全員共通のボードは寺院で、徳を得ることで石を入手出来ます。
手番がきたらやることは、まず手順1から1つを選んで実行し、続いて手順2から1つを選択して実行します。
手順1では、まずタイル山からタイルを引きます。
このタイルを自分で配置するか、他の人に譲渡して徳を得るか、自分の保管スペースに保管するか。
ちなみに配置するのを宣言した瞬間、他のプレイヤーに強奪されることもあるので要注意。
そして手順2では、座禅で徳を得るか、自分のボード上にいる禅僧コマを移動するか、徳を消費して石を獲得・配置するか、作庭家カードの効果を使うかします。
これを繰り返し、誰かが15枚のタイルをすべて配置して庭をつくったら終了フラグ。
以降、出来上がってない人は制限がある中で手番をやり、最終的に全員が15枚のタイルを配置したらゲーム終了。
ボーナス点などを計算し、一番得点の高い人が勝者となります。

まずはタイル引き。
序盤は始まったばかりだし、きっと欲しいタイルが引けるはず!という淡い期待でゲームは進みます。
むしろ、タイルを眺めて悩むところが一番時間かかったかも。
庭園カードに描かれた石を手に入れるため、徳を得るのも忘れずに。
ところが、必要ない砂タイルばかりで、苔がついていようとも、誰かに譲渡するばかり。

「誰かこれいる?苔ついてるけど」
「いる!もらう!」

徳が得られるし、保管しておいても使わないだろうからと豪快に譲渡。
後で考えたら、左右対称を勘違いしていたので、さっさと配置してもよかったのかも。
自分のボードに配置するタイルで悶絶することしばしば。
今度は石を置かねば!ということで、欲しい石が取れるまで徳を得ていく。
どんなに徳があろうと、欲しい石を手に入れたら、徳が0になってしまうのが何とも。
簡単に石は手に入れられないのです。

庭づくりは美しさ。
常に左右対称を気にしつつ、時には人のタイルを強奪。
徳は減ってしまうけれど、どうしてもそのタイルが欲しい!

「強奪するくらいなら、さっきあげたのにー」
「いや、さっきはいらなかったの」

うーん・・・悩ましい。
どこかで妥協しなきゃいけないけれど、まだ妥協したくない。
でも保管スペースも埋まっていて、結局妥協することになって悲鳴もの。
美しい(得点の高い)庭園をつくりたいだけなのに。
それはみんな同じなので、遠慮なく強奪するんだけどw

タイルに悶絶してる間に、気付けばいたるさんがあと2枚。
これはいかん!と思っても、そうは上手くいかないのが庭づくり(?)。
最後は諦めて埋めて埋めて、夢窓先生の力を借りて、とりあえず最初にもらったカードの条件満たした庭完成。
でも、それだけでは勝てないのが、難しい庭の世界。
勝ったのは、苔も石の置き方もどれもがきれいだった、いたるさんの庭。

このゲーム、何といっても見た目がいい。
日本人がつくった本当の枯山水って感じ。
海外で発売される、なんちゃって日本より断然楽しめます。
そして、東京ドイツゲーム賞で、見事大賞に輝いたゲーム。
昨年のGM2014秋でも注目作の1つでした。