・バイトナイト
 Bite Night(Zoch:2014)


バイトナイト

全員一斉にタイルを集め、得点カードから得点を獲得していくゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

ゲーム開始時、タイルとカードを受け取り、タイルは裏向きで山にしておきます。
まずはカード選び。
スタートプレイヤーから順に、1枚ずつ伏せて場のカード置き場に重ねていきます。
次に、各自持っている裏向きのタイル山から、裏向きのままタイルを3枚持ち、スタートプレイヤーが掛け声をかけたら、一斉にタイルをオープンにし、早取りで3枚確保します。
全員が取ったら1ラウンド終了。
再びカードを1枚選び、タイル3枚ずつを取り合い、を繰り返し、これを5回やったら1サイクル終了。
カードをそのまま表向きにして、確保したタイルで得点を獲得し、メモしていきます。
今回は3人プレイだったので、5ラウンドを3サイクルやりました。
最終的に得点の一番高かった人が勝者になるという、とても手軽なゲームです。

SPONSORED LINK

まずはカード選び。
タイルは何が出てくるのかわからないので、慎重に選んで覚えておく。
全員が出したら、自分の前にあるタイル山の上から3枚を持ち、掛け声と同時にタイルをオープン。
ゆっくり見ている時間もなく、あわててタイルを確保。

まぁ、単純にタイルを取り合うのは楽しいのです。
これを5回やって15枚のタイルが自分の前に並んだところで、やっと得点計算。
カードは順にオープンにしていくので、誰が何を仕込んだのかわかります。
せっかく仕込んだのに、タイル除去のカードが仕込まれていたり、自分で仕込んだのに忘れて色を揃えていなかったり。
ぎゃーぎゃー悲鳴あげながら、得点をメモ。

再びカードとタイルをシャッフルして準備と繰り返していくんですが・・・

「うーん・・・」
「これ何回やるんだっけ?」
「3人だから5ラウンドを3回」
「うーん・・・長いよね」

終わった時には、全員無言w
リアルタイムでタイルを取り合うのは楽しいし、カードで上手く得点が取れたらうれしい。
でもなんだろう。
物足りないというか、5ラウンドがものすごく長いというか、とにかく微妙な空気。
ちょっと野暮ったい感じがしました。
今は優秀なリアルタイムゲームも多いので、大人同士で遊ぶなら、これは選ばないかなーと。