・シェッフェルン
 Scheffeln(dlp:2014)


シェッフェルン

リムジンを移動させてショップに停め、お金を集めていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームには、2人から4人用の基本ルールと、3人から8人用のスピードシェッフェルンがあります。
今回は2人なので基本ルールで。
場にはAからHまでの8軒のショップが円型に並んでいます。
ゲーム開始時、各ショップ前には、ランダムで1台ずつ車が停まっています。
ショップの横には人物カードが並んでいて、ゲーム開始時、自分のキャラクターを1人選びますが、このキャラクターはリムジンの色と連動しています。
手番がきたら、手札から1枚プレイし対象のリムジンを動かすか、1枚捨ててキャラクターを取り替えることが出来ます。
手札4枚使い切ったらラウンド終了。
自分のキャラクターと同じ色のリムジンが停まっているショップから、お金チップを獲得出来ます。
これを繰り返していき、最終的にお金チップの合計が一番高い人が勝者となります。
とても簡単なルールだったので、早速ゲームスタート。

まずは自分色のリムジンを隣りのショップへ移動。
基本的にリムジンの移動は隣りのショップまで。
2段重ねのダブルデッカー状態には出来るけれど、それ以上は重ねられません。
3台目になってしまうリムジンは、次の空きショップへ移動します。
ラウンドで使うカードは4枚なので、先の先まで考え、自分色のリムジンをどこへ停めるのか考えつつ。
予想と違うリムジンが高そうなショップへ行くなら、途中でカードを捨ててキャラクターを取り替える。
ただし、最後の1枚だけは捨てることが出来ないので、3枚目までに見切りをつけなければいけないのです。

1ラウンドあたりのプレイ時間5分かからず。
2人なので、相手の出方次第で動けるようにしておかないと、気付くと自分色のリムジンがダブルデッカーの下段に。
下段はお金チップがもらえないのです。
最初のラウンドは、戸惑っているトド吉を横目に、どんどんリムジンを都合良く移動させていって、Hのショップで高額チップ獲得。
次のラウンドも同じショップに、今度は途中で取り替えた違う色のリムジンで到着。
私だけが高額チップをためこんでいく展開。
同じショップからひたすらお金チップを取っていけば、ゲーム終了があっという間。
「何がなんだか状態だった・・・」というトド吉を置き去りにする形で、私のぶっちぎり勝利。

1ゲーム終わって、「わかった。次は勝つ!」とトド吉が言うのでもう1戦。
2戦目は1戦目とはまったく違う展開に。
どんどん人物を取り替えたほうがいいタイミングもあるし、高いショップに停めようと思っていたのに、うっかりもう1ショップ進んで金額が0のチップを取ってしまったり。
その点、トド吉は高額チップをどんどん集めていきます。
負けてはいられないので、トド吉の色を少ない金額に移動させるように手伝ってあげたりと、2人とも無言w
たった4枚しかないカードでやりくりするので、タイミングがとても大切。
最初のチップを挽回すべく、出来るだけ高額チップを狙ったけれど、さすがに追いつかず敗北。

とにかく展開が早い。
4枚しかカードがないので、1ラウンドあたりが短いせいもあるけれど、金額で差をつけられないように妥協も大切。
思い通りにいかない上に、相手の意図が見えてもどうにも出来なかったり。
上手くいかないことも多くて、逆にそれが楽しいというか。
高いショップを狙うので、意外にあっという間に終わってしまうのは2人だから。
これを8人で遊んだら、どんな展開になるのか気になる。