・プラヤピラータ
 Playa Pirata(dV Giochi)


プラヤ・ピラータ

ビーチに隠したお宝にタオルをかけて、より多くのお宝を集めるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、ビーチに隠すお宝とスペシャルカード、そしてお宝にのせるタオルカードを持ちます。
場はビーチ。
手番がきたら、まずお宝カードもしくはスペシャルカードのどちらかを1枚伏せて置きます。
次にタオルカードから1枚をプレイします。
どちらも必須なので、2人プレイだと8ターンでゲームが終わります。
一番上のタオルの人がそのお宝の所有権を持ち、上書きするにはより多い枚数のタオルで上書きです。
タオルカードは1から3までで、それ以上の数字は複数枚同時にプレイすることで上書きできますが、一番上にくるのは一番小さい数字のタオルです。
これを繰り返し、お宝とスペシャルカードが全員なくなったらゲーム終了。
自分のタオルが一番上になっているお宝を回収し、一番得点の高い人が勝者となります。

まずは私がスタートプレイヤー。
スタート時、お宝が1枚だけビーチに置かれています。
まずは手元からお宝カードを裏向きで出し、次にタオルカードを出します。
自分が出したカードはいまいちだったので、最初から置かれていたお宝に1のタオルをそっとのせる。
次にトド吉がお宝を置いて、自分が出したお宝にタオルをのせる。

む・・・あれはもしやいいお宝では?

とりあえず、トド吉が1枚のタオルをのせているので、そっちは後回しにして、次に自分の中でも最高値のお宝をおき、タオルを1枚そっと置く。
顔に出したらばれるので、何事もなかったかのように置く。
ところが、次のトド吉は自分が出したお宝ではなく、私が出した高いお宝に2枚のタオル。

ちょっ・・・3枚タオルは枚数少ないし、かといって1を3枚でのせても1は1・・・

とりあえず、また後回しにして、序盤にトド吉が出したお宝にタオルを2枚。
しかしトド吉は追ってこない。
これはやられた!?と思い、次の手番ではスペシャルカード・お宝オープン。
開けてみたら、輝く5のお宝。

え?5なのにいらないの!?他はどんだけお高いの!?

これ・・・ブラフでしたw
まんまと引っかかったわけで。
その後も自分のお宝を取り戻しながら、5に鍵をかけたりと大忙し。
気付けばタオルも残り数枚。
お宝もなくスペシャルカードが残るのみ。
ここから吟味しても遅く、圧倒的大差で敗北したのでした。

これは悔しい。なんかもう、上手くやられた感が強くて。
2人プレイなのでもう1戦。
今度は上手くいく!と思っただけで、最後のトド吉スペシャル手番でタオル3枚のせられ、結局はまたも大差で敗北。
おかしい・・・なぜ勝てない。
プレイ時間が短いので、悔しくて何度もリベンジ。
でもやっぱり勝てない。
うーん・・・顔に出てたのか、思考を完全に読まれてるのか。

海賊テーマだし、正直2人でどうかな?と期待せずに遊んだんですが、意外な面白さ。
2人だと読み合いになって、ブラフもかなり有効。
最後にタオルを置く場所がなくなってしまって使いきれなかったりと、2人ならではの面白さがありました。

・ゲームストアバネスト:プラヤピラータ