・ライトライン
 Light Line(Adlung:2013)


ライトライン

ラインをつなげて得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

手番がきたら手持ちのカードを1枚場に配置し、すでに置かれているラインのうち1本を延ばします。
この時、辺が接するように置き、つながった色のライン数が得点になります。
最後に、好きな山からカードを1枚引いたら手番終了。
カードの裏面には2から5の数字が書かれていて、得点と兼用になっています。
得点としてもらう時は2枚まで分割可能で、たとえば6点だったら4と2もしくは3と3という取り方が出来ます。
これを繰り返していき、獲得した点数分のカードがなく取れなかったら、そのラウンドを最後までやりゲーム終了です。
最も得点の高かった人が勝者となります。

私がスタートプレイヤー。
はっきりいって、割と損な役割。
そもそも持っているカードと場のカードが何1つ合わないので、山札と交換して再配置。
最初はせいぜい2点。
得点も同じカード山から取るので、2点は選択肢がないまま「2」を取って終わり。
続くトド吉も似たり寄ったり。
まぁ、序盤はこんなものだよねということで黙々と。

序盤はカード山もそこそこあるので気にしていなかったけれど、お互い4点、5点と取っていくうちにふと思う。

(高い数字のカードが売り切れる・・・!?)

特にある程度延びて10点とかになると、最大が5なので5が2枚。
たまに残念なラインもあるけれど、やはり高得点は狙いたい。
そんな私は2点ばかり。
向かい側ではトド吉が「6点うひょー!」とか言いながらカードを置いている。
なんとなく面白くない・・・w

ちょっと長いかな?と思う頃には終了が見える。
5のカード山が尽きるも、そこまで大量得点のラインがつくれず、お互いに2や3で得点がもらえてしまう。
取るカードも4の山になり、とにかくゲームを終わらせたい。
でも終わらない。
最後は私が5点なのにカードがなくて3をもらったラウンドで終了。
計算してみたら、10点以上の差をつけられて敗北。
2がいっぱいのラインでは勝てなかった・・・

ラインをつなぐゲームは多いけれど、これはそこまで悩むことがないので気楽に遊べます。
手軽なのに、得点もプレイも同じ山から取るというのがいい。
どの構成で取るか、その上で自分はどの山からカードを取ってプレイするか、手軽なのに少しだけ悩ましいところが気に入りました。
じっくり遊ぶには向かないけれど、ちょっとした時間で遊べて、そこそこ満足感が得られると思いました。

ゲームストアバネスト:ライトライン