・グロッグ・アイランド
 Grog Island(eggertspiele:2014)


グロッグ・アイランド

競りで欲しい商品を手に入れ、海賊的物件に投資して、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

広いボードには、島と建物が並びます。
島は5つあり、それぞれダイスの色と連携しています。
各島の先端には雲があり、アクションを実行できた人にのみ適用されます。
島の下側は交易エリアと幽霊船がいて、こちらはパスした人のみ適用します。
スタートプレイヤーがダイスを振り、各色の競売エリアに並べます。
このダイス目が金額になっていて、自分の所持金以内で競り上げていくことが出来ます。
ダイスはどの組み合わせを使っても良いけれど、常に目の大きいダイスから並べます。
最終的に落札した人は、競りに使ったダイスを並んでいる順番に処理。
最初の2つはその色の島へ自分のコマを配置し、次は1点、と並び順によっても変わってきます。
これを繰り返していき、誰かのコマがなくなったらゲーム終了。
プレイヤーは、ゲーム開始時に4枚の目的カードを持っているので、それの達成で入る得点を計算し、一番得点の高い人が勝者となります。

トド吉がスタートプレイヤーでゲームスタート。
まずはダイスを5個振る。
どれも5や6で厳しい展開。
というのも、ゲーム開始時の所持金は8しかないのです。
トド吉が2個のダイスを使って7にしたところで、早々にパス。
この時点で、オレンジと緑のダイスが入札スペースに移動し、商品スペースが空いていたので、2色のタイルをもらう。
このタイルを使って、船で交易が出来るので、オレンジがちょうどコインカードをもらえるということで、早々に使う。
これで隠し財産が増えたw

とはいえ、競り落としたトド吉は、順調にコマを島へ置いて収入をもらっているわけで。
あまり差がつかない印象。
しかも私が手元に残した目的カードは、指定の建物にコマを置けば6点。
ここは強気で・・・と、次は私がダイスを振る番。
こういう時に限って、ダイス目は最高が3で、1や2ばかり。
こうなると、コマを置きたい島の色を先頭に使いたいので、細かく使って5を宣言。
すぐに上書きされるわけで。
まぁ、そりゃそうだよね。
でもダイスを4個使ってもらえれば、タイルがいっぱいもらえる・・・とまたもやパス。
たぶんこれダメな展開w

建物にコマを置くことで、収入が入ったり、競りで使ったダイスが多ければ、3個目で1点が入ってくる。
結局のところ、目的カードがすべてなので、そのための下準備といった感じ。
というのも、トド吉がダイスを振るたび、なぜか5や6ばかりで、お互い渋い展開が続いていたのです。
そして2人プレイだと存在するダミー。
こいつが交易エリアを移動して、ラウンドの最後に建物へコマを置いていってしまいます。
私がコマを置くべき建物がつぶされてしまう!
そんなことを考えながら、トド吉の所持金が減る時を狙っていました。
そして、やっと減ったのを見て、強気で競り上げる。
いい加減置かないと、ダミー置かれてしまう。
それでも競り上げてくるので、さらに競り上げる。
こういう時はダイス目が小さいと便利。
そして、ゲームがはじまって、初めて島にコマを置くことに。
でも狙っている建物の旗がいまいちで・・・横並びを見てもそこ1軒だったり、2軒しかないので収入が1金とか。
でもゲーム終了時には6点だし。

お金があまり増えないせいもあり、割とさくさく進みます。
コマを出来るだけばらまいて、収入を増やしていくトド吉に対し、地味に交易してタイルを増やす私。
でも思ったより増えない。
そうこうしてるうちに、ボード上にはコマがかなり並んできて、置く場所が少なくなったなと思った頃にはゲーム終了。
どう見てもトド吉の独壇場。
でもすべてはお互い持っている目的カードなのです。
お互いにオープンにして、まずは私から得点計算。
建物指定のカードが、建物1軒につき4点や6点というのがかなり大きい。
さらに緑のタイルが1枚1点だったので、かなりいい調子で得点獲得。
問題はトド吉。
2人で計算して得点トラックのマーカーを移動させていったら、なんと1点差で私の勝利。
1点差ってかなり悔しいわけで・・・w

競りと聞いていたので、2人でゲームになるかな?と思ったけれど、実際はダイスを使った変形競り。
おかげで2人でも楽しく遊ぶことが出来ました。
自分の所持金との戦いといっても過言ではないほど、お金にまったく余裕がなかったし、ダミーが良いタイミングで島をつぶしていたりして、かなり悩ましい展開でした。
目的カードは取り替えられる雲や交易があるので、いまひとつなら山から引いて交換できたりするし、状況次第で変えていくのが良いのかも知れません。
もっとも2人だからこそ、のんびりしてて、ボードを広々と使えたのかも。