・キュービスト
 CUBIST(Gryphon Games:2014)


キュービスト

ダイスを使って指定の芸術作品をつくり、得点を獲得するゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分のボード(アトリエ)を持ち、そこで作品をつくっていきます。
つくる作品は、場に公開されているカードに描かれているもの。
手番がきたらダイスを2個振り、そのダイスで作品をつくり始めますが、ダイスの配置にはルールがあります。
最初の1個は何でもいいけれど、2個目からは置いてあるダイスに隣接させるか、上にのせるか。
隣接はダイス目が1つ大きいか小さいもののみで、上にのせるには同じ目のみ。
手番終了時に、2個までダイスを保管出来るます。
その他、2個とも同じ目のダイスがあれば、作品をつくるのではなく、アーティストの力を1回だけ借りることが出来ます。
作品には得られる点数も書かれているので、完成させるとゲーム終了時に得点が入ってきます。
さらに、完成させた時に指定の目でダイスを置くことが出来て、このダイスは中央の美術館に置くことが出来ます。
最終的に、美術館の作品が出来上がるか、誰かが作品を5枚完成させたらゲーム終了です。

手番がきたら2個のダイスを振るだけの簡単さ。
ところが、そこはダイス目。
まったく言うことを聞いてくれないわけで。
場に並ぶつくれる作品は3種類。
とりあえず1個はダイスを置いて作品を制作中にしておく。
1周して次の手番がくる頃には、他の人がどれを製作中なのか見えてきてからが勝負。
当然同じ作品を狙っていることはあるわけで。
先に完成させなくては!と思うと、俄然ダイスを振る手に力がこもります。
簡単なものは得点が低いけれど、完成させた時にストックからダイスをカード上に置けるのが大きい。
迷わず美術館へ。
美術館へ置ければ、ゲーム終了時ダイス1個2点。
作品が1点から3点なので、1個2点はかなり大きいのです。

今回、なぜかダイスを振るたび「6」ばかり。
この6を使って美術館では、ほぼいやがらせ状態w
6の隣接は5だけだったけれど、なぜか6と5が出たり。
今までこんなことなかったくらいには、今日のダイス運がかなりいい。
反対にダイス目に呪われてるのか?程度にひどかったのが侍とトド吉。
2人で難易度高めの作品がかぶり、さらにお互いあと2個くらいで停滞。
振っても振っても欲しい目が出なくて悶絶。
その隣りで私といえば、

「あ、また6だから重ねておくかな」

「おっと5と6か」

「あれ?完成しちゃったみたい」

黙々と1人で完成させては、美術館へダイスを置いてソロプレイ状態。
その都度、2人は「えぇー!?」「ふごー!」とか叫んでいましたw
アーティストへダイスを2個置いても、力を借りる必要がなく、むしろ他の人が使いたいものを6でつぶしていた感じ(どかすには、さらに高い目で上書きするしかないのです)。

ところが、ゲーム終了は思いがけない方向から。
トド吉が侍との競争に勝ち完成させて歓喜をあげている中、私の手番。
あっさり完成させて、美術館にもダイスを置き、終了条件2つとも同時達成かなーと思ったら

「あ、ごめん。さっきので5枚完成させてた」

まさかのトド吉終了宣言。
せっかく完成させた作品を場に戻し、美術館からダイスを回収して、改めてゲーム終了。
でも3点の作品を多く完成させ、美術館に置いているダイスも多かった私の勝利。

得点計算をしていた時、侍が「あぶないっ!」と小声で言ったので何かと思ったら、ぎりぎりダブルスコアにならなくてすんだとかw
つくりはじめた作品は、途中で破棄することも出来るので、あまりこだわりすぎも良くないというのがわかりました。
ゲームはパズルっぽいかな?と思ったけれど、置けるルールが決まっているので、完全にダイス目次第。
置きたくても置けないし、置ける時は素直に置けるし。
プレイ時間もそんなにかからないので、ダイスゲーム好きなら楽しめると思います。
今回もかなり面白い展開になり、ゲーム中はかなり盛り上がりました。

・ゲームストアバネスト:キュービスト