・エンシャント・ワールド
 The Ancient World(Red Raven Games:2014)


古代世界

巨神を倒しながら、最も有力な都市国家をつくっていくゲームです。
つなきさん・いたるさん・トド吉・私の4人でプレイ。

テーマがなんちゃらの巨人と似ているらしく、圧倒的な力で支配する巨神を倒しながら、立派な都市国家にしていこうという感じです。
ゲームは6ラウンドで、1ラウンドには3つのフェイズがあります。
まずは準備で、ボード上に帝国カードを並べなおします。
次にプレイヤーのアクション。
出来るアクションはボードに描かれていて、そこに自分の住民を置くことで実行します。
ただし、先に誰かが置いていた場合、より大きい数字の住民しか置くことが出来ません。
最後にラウンド終了の処理をしたら1ラウンド終了。
これを6ラウンドやり、最終的に勝利点の高い人が勝者となります。
同点なら手持ちのお金勝負。
出来るアクションは多いけれど、あくまで目的は旗を集めること。
カードに描かれている旗は、1種類あたり最大6枚までが得点として計算されます。
6枚以上は何枚集めても得点は変わらないのです。
カードの効果で勝利点が増える場合もあります。
ルール自体は見た目よりシンプルということで、早速ゲームスタート。

こういうゲームは、まず何から手をつけたらいいのかわからない(笑)
でも目的はあくまでカードに描かれている旗を集めること。
その旗を集めるには、あれでこれで・・・最後は巨神を倒さないといけない。
巨神を倒すには軍備が必要で・・・と、逆算していくのが苦手。
最初に持っているボードで、ある程度は揃っているので、方向性は早めに決めたいところ。
とりあえず、みんなのを眺めながらアクションを選んでいく。
最初に持っている住民は1、2、3の3種類。
でも住民は4まであり、先に取れれば他の人が取ってない分、アクション選択の幅が広がる。
いや、わかってはいるけれど・・・どれを先に取るのか悩ましい。
数字をより大きくという制限がかなり効いている。
とりあえず、他に集めてる人がいなさそうな緑の旗狙いで。

カードを取るのはいいけれど、土地の拡大には制限が。
カードに領土の数字が書かれているので、そこもチェックが必要。
ルールの流れ的なものはシンプルだけど、細かくチェックしなきゃいけないことは多い。
もう序盤は本当に手探り状態。
カードを取るたび「これまだいけるよね?」と聞いていたほど。

ある程度、自分の国家が出来上がりつつあると同時に、巨神をどうするか考える。
倒せればやはり大きい。
そうなると必要なのは武器。
巨神によって必要な武器は違ったりするけれど、とりあえず剣にしぼって徴兵していきます。
徴兵してしまうとコインが必要になるわけで。
足りない兵力は、ボード上のアクションでも追加で手に入るので、倒したい巨神が決まっているなら有効。
でも住民は最大5人なので、5つまでしか選べない。

あれもこれもと、わかってきちゃうとやりたいのに、選ばせてもらえない。
その中で、効率的にやらなきゃいけないので、常に他の人を観察(笑)
同じことやっていても仕方ないので。
出来上がった最強の軍隊を引き連れて、向かうは巨神。
でもこれ、終盤はみんなが巨神を倒そうとするので、ものすごい競争率になります。
倒せる巨神まで待ってる余裕もなく、軍を強くするので武器が大人気。
中盤から揃えておいてよかった・・・お金かかったけどw

最後の最後、何となくつなきさんがにおう・・・(臭いじゃなくて)
2人で上位争いをしていたので、たぶん最後にさしてくるはず。
上手くいけば逆転の可能性。
たぶん、この日一番頭を全力で使った気がします。
そのかいあってか、私の勝利で終了。
最後に勝てた時の喜びは、かなりのものでした。

国内流通がはじまりましたが、私はKickstarter物件でした。
ここのゲームははずす印象がなかったのと、割と相性も良かったので期待していたんですが当たりかなって。
八分帝国が短い時間で考えさせられるゲームなら、こちらはじっくり手順を踏んでいく感じ。
鋼鉄都市とはイラストが似ているけれど、あちらはデッキ構築だったし。
ただまぁ、今回4人で遊んだから面白かったのかも知れないので、今後2人プレイを試してみようと思ってます。
終盤、巨神しか狙うところがなくなると、武器を持ってない人は蚊帳の外になってしまう可能性も否めないのです。
最近は良いゲームが多いので、あとはもう好みの問題かと・・・w

HJから和訳ルールの誤訳と早見表の漏れが発表されています。
『エンシャント・ワールド』正誤表のお知らせ