・高松
 Takamatsu(Mucke Spiele:2014)


image541

自分の家来を移動し、点数を獲得していくゲームです。
おのさん・神尾さん・トド吉・私の4人でプレイ。

ボードは高松城内部。
細かい部屋で区切られ、1つの部屋が1マスになっています。
城内を移動させ、自分の色の部屋へ家来が止まれば将軍カードがもらえ、このカードに点数が書かれています。
移動する時のルールとして、少なくとも1個は自分の色・同じ部屋に他プレイヤーがいれば少なくとも1個は他プレイヤーを一緒に移動させること・3人以上家来がいる部屋は最低1人残して移動させることの3つ。
選んだ家来の数がそのまま移動歩数になります。
これを繰り返していき、誰かが20点到達すれば、そのラウンドでゲーム終了。
最終的に一番点数の高い人が勝者になります。

各自スタート位置に自分の家来を置いたらゲームスタート。
最初は自分だけなので、ルールに従っていれば好きなように移動させていきます。
少し経つと、他プレイヤーと同じ部屋に入ります。
このあたりから、かなり胃がキリキリしそうな展開へ。

自分が動かそうと思っていた家来が、他に人にさらわれる形で進んでいってしまう。
そうなると、当然私の色の部屋には到達しないわけで。
むむむ・・・
どんどん売れていく(笑)私の家来。
他の人は将軍カードを手にして、ほくほく顔で点数を入れていく。
いまだ点数コマが1歩も動いていない。
そんな時に出てきた、点数がマイナスになる将軍カード。
このマイナスの押し付け合いが始まってる中、こっそりと着実に自分の家来を集めていく。

神尾さんとトド吉のトップ争いは激化するばかりで、おのさんと私の家来が常に一緒移動状態。
でも入りたい部屋の色が違うわけで。
そこはいくつかに分かれている家来部隊を何となくでw
いつまでもビリではいられないのと、家来を動かす数とかが何となくわかってきたので逆襲。
よく考えれば、ビリなら誰に遠慮することもないのです。
たとえ家来1人でも自分色の部屋へ到達させるべく、ひたすらがんばる。
あちこち悲鳴が聞こえてるような気もするけど、気にせずがんばる。
気付けばそこそこ点数もとっていて、さらに非公開将軍カードに書かれている数字は5点。
これ・・・もしかしていける!?と思ったのもつかの間、(確か)神尾さんのぶっちぎり勝利。
やはり最初から容赦なくいかなきゃダメだったのか・・・

動かして欲しくない家来ほど、人によく使われてしまいます。
おかげで胃がきりきりしてくるというか。
「ちょっ!私の家来連れてかないで!」を何度言ったことか・・・
シュピール2日目は、気になるゲームを遊ぶ日という感じにしていますが、今年はこのゲームを朝一番で遊んで、どっと疲れましたw