・ロングホーン
 Longhorn(Blue Orange:2013)


ロングホーン

2人で牛泥棒勝負をするゲームです。
トド吉とプレイ。

プレイヤー2人は牛泥棒。
並んだ9枚の場所タイルには、4色の牛たちが置かれています。
この牛を集めるのが目的。
手番になったら、まず今いる場所から牛を強奪します。
1色を選び、その色の牛すべてを強奪して手元に置きます。
そして、今強奪した牛の数だけ、トークンを移動させます。
牛を強奪した後、今いる場所に牛が1頭もいなくなってしまったら、置かれているアクショントークンの効果を発動。
このトークン、良いことばかりでなく、悪いことも起こります。
これを繰り返し、どちらかが同色9頭の牛を集めるか、保安官に捕まるか、移動できる先に牛が1頭もいないのどれかの条件が満たされるとゲーム終了。
同色9頭を集めていたら、その人の勝利。
保安官に捕まってしまったら、その人の敗北。
移動先に牛がいなくて終了した場合は、強奪した牛と金塊を得点として計算し、より高いほうが勝利。
各場所のアクショントークンを確認したら、早速ゲームスタート。

スタートプレイヤーは、ゲームで使うトークンをコイントスして決めます。
私がやったけれど、先手番はトド吉で牛の強奪競争開始。

まずはスタート位置にいた白い牛2頭を強奪して、トークンを2歩動かす。
そして私の手番。
トド吉が白を集めてるなら、やっぱり違う色をと思い、グレーの牛を強奪。
目指すは9頭。
トークンを強奪した牛の数だけ動かして終了。
さくさくしてるし早い。

そう思ったのは序盤だけ。
各場所の牛が減ってくると、どの色を集めるか数え出す。
自分が動かした後、相手がそこの牛を取って移動するのは・・・と考えていないと、ヘビや保安官に押しやられてしまうわけで。
その色の牛を強奪したらアクショントークン発動が割とつらい。
牛は欲しいけど・・・
こうなったら保安官に押し込んでやる!とばかりに動かしてみるも、いつの間にか私が押しやられ、保安官に捕まって敗北。

悔しいのでもう1回。
今度こそ!と気合充分。
牛を2頭や3頭ずつ強奪していくも、5頭以上取れなくて違う色の牛にも手を出す。
というのも、移動先のどこにも牛がいなくてゲームが終わると、強奪した牛で得点計算。
その得点というのが、場所タイル上に残っている牛の数。
白い牛を2頭ずつ持っていたとして、場所タイルに残っているのは5頭。
そうなると、強奪した白い牛1頭あたり100ドル。大きい。
そして、今度はちゃんと最後の牛を強奪してもう1手番やったり、ガラガラヘビで牛を捨てされられたりするも、順当に牛を集めて気分も良い。
今度こそ勝てそうじゃない?
そんな夢を見ていたせいなのか、気付くとまたもや保安官に追い込まれていたという。

「ちょっ!ちょっと待って!もう1回!」

「勝ったと思ったら負けていた」まさにこれ。
中盤までは調子がいいと思ったのに。
これ先の先まで考えてシビアにやらないと、本当に気付いたら負けてる。
考えてもプレイ時間が短いというのが良くて、終わってもすぐ「もう1回!」が言いやすいし、実際何度も言ってました。
トド吉は「ばっふぁろーまん・・・」と呟いていたけれど、私には何のことかさっぱりわからず。
シンプルなルールなのに満足度高い。
それにしても、そろそろ保安官とお別れしたいところです。