・ハッピーピッグ:幸運のブタ
 Happy Pigs(Swan Panasia:2013)


ハッピーピッグ

ブタを育てて売り、お金を獲得するゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

ゲーム開始時、農場を1つ持ち、最初のブタを持ってスタートです。
農場の1年を通してブタを増やしていくので、ちゃんと春夏秋冬あります。
ラウンド毎にカードがめくられ、イベントが発生し、各アクションの出来る数が書かれています。
出来るアクションは4種類。
秘密裏に自分がやりたいアクションを決めてタイルを握り、一斉にオープン。
自分1人なら、タイルに書かれた数をすべて使えますが、他に選んだ人がいれば人数割。
季節が変わるとブタは病気になって死んでしまいます。
そのために早めの予防接種をするか、季節毎に売ってしまうか。
1年が終わり、最終的に一番お金を持っていた人が勝者になります。
とても簡単なルールだったので、早速ゲームスタート。

まずは春。イベントもその都度違います。
イベントといっても、大きいブタが一番多ければ・・・とか、そういった類。
増やさなきゃ売れないということで、まずは農場拡大。
ブタは4種類で、赤ちゃん・小ブタ・中ブタ・大ブタ。
繁殖できるのは中と大。
しかも安産のお守りをつかえば、本来なら赤ちゃんで増えるブタが、いきなりランクアップの小ブタに。
ただし、ブタの大きさはタイルの大きさに比例しているので、大ブタほど場所を取るという。

ゲーム開始時に、みんなブタを取っていたので、買い物を選びたい。
でもきっとみんな同じ・・・だったら餌をあげてみよう!
そして一斉にオープン。
方向性が違ってもやりたいことは似てるので、割とかぶる。
自分だけだった時は、かなりうれしいです。
いっぱいアクション出来るしw

ブタの売却価格は固定だし、大きいほうがちょっとお得な気がしたので、とりあえず育てる。
そして、まだ資金があるのでブタをためこむ。
チャンスを狙って売却して、お金を手に入れて満足。
ひたすら黙々とブタを増やしたり、季節の変わり目に合わせて予防接種したり、経費が結構かかる。
もっとも、予防接種は一度しておけば飼ってる分には必要なし。
新しいブタはやらなきゃいけないわけで。
・・・儲かってる気がしない。
お金はブタを売ればいいやと思っていたので、ぎりぎりまで売却せずに、農場がいっぱいになったら売る感じ。
ところが・・・せっせと自分のブタばかり育てていて周りを見ていなかったら、イベントの恩恵を受けたほうが収入がいいということが発覚。
隣りのトド吉農場は、常にブタがいっぱいいるのに、なぜかお金も潤沢。
それもそのはず。
大きいブタが一番多かったら$25とか、赤ちゃんブタがいっぱいいたら餌を3個とか、とにかくイベントのボーナスを受け取りまくってるわけで。
まじめにブタを繁殖して育ててた私がばかのようw

あっという間に季節は過ぎ、予防接種に翻弄された1年が終わります。
もちろん、トド吉の勝利。
ブタはこまめに売るんじゃなくて、飼っておいてボーナス狙いが正解だったとは・・・今回は結果的にそうなったと思いたいところ。
ゲーム中は、黙々と作業している感じです。
ブタをいかに配置するかで、農場の空きが決まってくるし、空きがなければ繁殖できないし。
それにしても、まじめに育てるゲームだとばかり思っていたので、終了時ちょっと呆然としてしまいましたw

このゲーム、とにかくタイルの枚数がすごくて、コンポーネントで感動。
ブタも可愛いしw
気になったのは、繁殖アクションのタイルに一部ぼかしが入っていたところ。
これ、特にぼかしいれる必要なかったんじゃ・・・w

・ゲームストアバネスト:ハッピーピッグ:幸運のブタ