・コイン・エイジ
 Coin Age(KOI Games:2014)


コイン・エイジ

コインを使って土地を取り合う、2人用のゲームです。
トド吉とプレイ。

地図カードを選んで中央に置き、お互いコインを同じ内容で10枚ずつ持ったら準備完了です。
手番になったら、持っているコインの中から各種1枚ずつ両手で握り、よく振ってテーブルの上に落とします。
自分の面が上になっているものだけ数えて、出ている枚数によってコインを地図に配置します。
地図はエリアに分かれていて、さらにエリアが州に分かれています。
コインのない州、もしくは置かれているコインより額面が小さいコインをのせます。
これを繰り返していき、すべての州にコインが置かれるか、自分の手持ちコインがなくなればゲーム終了。
自分のコインが一番上にある州のみ置いたコインの数字が得点になり、さらにエリアを支配していれば得点が倍になります。
手持ちのコインも1点になるので、すべて計算して得点の高いほうが勝者となります。
箱も小さいけれど、ルールもとてもシンプル。
私が金、トド吉が銀で、早速ゲームスタート。

SPONSORED LINK

まずはお試しをかねて1回目。
コインはよく振ってテーブル上に落とします。
最初は4・3・2・1と持っているので、何かは必ず自分の面になります。
でも4という数字は、置いた州が得点になれば大きいけれど、簡単に乗せられてしまうわけで。
1を置いたら確定かと思ったら、終盤になって振るコインが少なくなると、自分の面がまったく出ないことも。
そして、自分の面がまったくないと、カードからコインを回収することが出来るので、1とはいえ安心できないわけで。
中盤まではさくさくと進むも、終盤お互いに1しか持ってない状況になってからが停滞。
あっという間にゲームが終わり、1点差でトド吉の勝利。

ゲームを理解したところで続けて2戦目。
さっきので学んだので、今度は率先してコインをばらまいていきます。
振れるコインは多いほうがいいし、4は踏み台にされやすいのが欠点。
回収も置かれているコインの一番上だけなので、上にのせられるとほぼ終わりw
考えながらやっていたはずなのに、気付けば回収して手元に残る1のコイン。
1しかないから3枚あっても1枚しか振れない。
取っても取ってもトド吉に乗せられるし、逆に私が乗せてもトド吉に取られる。
こうなるとやっぱり停滞してくる。
結局手元に残った1は1点にしかならず、悠々と州とエリアを支配していったトド吉の勝利。

これではあまりに悔しいので、今度は地図カードをかえてみる。
見た目の問題かと思ったら、州の構成がちょっと違う。
2戦も負けておけば少しは学べと言わんばかりに、2枚置く時は率先して1を置いて乗せられないように。
とはいえ、回収の時は移動出来るので、隣りの州に移動されてしまうことも。

中央付近には、州というかエリアとしてみても1ヶ所しかないところがあるので、倍の得点に目がくらんで4を置いてしまう。夢は見ないとw
そして3戦目でようやく私の勝利。
満足して、ここで終了w

短時間で遊ぶ土地の取り合いとしては、かなり手軽で良い感じ。
コインを握って振って、テーブルにばらまくのが面白かったです。
コイントスでもなく、本当にじゃらーっと落とすわけで。

でも気になったことが終盤の展開。
途中まではさくさく進むけれど、手元に1が多めだったり1しか残ってないと、そこから停滞。
お互い回収していくから、地図カードからコインが消えて置ける場所が増える。
置けるから置いていくとあっという間にまた1が残って・・・の繰り返し。
せっかくスピーディに進んでいたので、この停滞感がいまいちというか。
そこがちょっと惜しいなと思いました。