・カンフー
 Kung Fu(WhiteGoblinGames:2013)


カンフー

カンフーマスターとして、相手を打ち倒すカードゲームです。
トド吉とプレイ。

カードは攻撃と防御の2種類。
各カードには攻撃値・防御値の他に、コインや特殊能力が描かれています。
基本的なルールは、まず攻撃側が攻撃もしくは攻撃権の移行を選びます。
攻撃するなら、攻撃カードを表向きか裏向きで出して攻撃。
もし裏向きでカードを出せば、防御側はカードを1枚補充することが出来ます。
防御側は、防御カードを持っていれば必ず防御。
攻撃権の移行は、相手に攻撃の権利を渡すことで、カードを3枚補充することが出来ます。
攻撃側が勝ったら、防御側は戦闘力の差分だけライフを失います。
防御側が防御することが出来たら、戦闘力の差分だけカードを補充します。
同点の場合は何もなし。
これを繰り返していき、どちらかのライフが0になったら終了。
テーマがカンフーだし、そこまで期待せずにゲームスタート。

まずは私が攻撃側。
とりあえず初期手札で何とかならないかなーと思い、早速攻撃。
勝ったら次は移行してカード補充すればいいや、と。
ところが、初手から負けw
でもコインが描かれているカードだったので、後のためにそっとカードを避けておく。
これで特殊効果が使えるようになったわけで。
コインのカードは何枚でも出せるとはいえ、次を考えるとそこまで使えない。

そして防御。
このコインカードを出してさらに・・・なんて考えてたら、トド吉の手元から出てきたのは攻撃値「4」。
「え!?よん?」
「うん。よん」
防御すら出来ず。
そしてトド吉、次は「パスしまーす」とにやにやしながらカード補充。
「パス」というのは攻撃権移行のことで、「移行します」が面倒なのでパスとして遊んでいます。
防御を見越して、防御カードを多めに補充しているトド吉。
負けてなるかと、私が出したのは特殊能力付き。
これで攻撃力が4になるので勝てるはず。
トド吉が出してきたのは2。
その差は2だったけれど、特殊能力使ってるので+2のライフを削る。

お互いじりじりとライフを削っていき、私の手元に残るライフは2。
そろそろ最終決戦。
見ればトド吉の防御カードは3枚。
ここで一気に畳み掛ける!ということで、ためこんでいたコインを使って攻撃。
まずは攻撃しつつ、防御カードを捨てさせてライフを削る。
ここで移行なんてしてられない。
続けて攻撃!必殺の6!
これはさすがに防御出来ず、トド吉のライフが4削られる。
あと1つライフを削れば私の勝ち。
残る攻撃カードも2枚だけれど、どちらもコイン。
勝てたらラッキー程度で攻撃。
なんとトド吉防御出来ずに、ライフが0になりました。

続けてもう1戦やりましたが、結果は1勝1敗。
この勝負は後日に持ち越しに。
カンフーというテーマだったので、はっきり言って期待してませんでした。
そのおかげ(?)か、段々と楽しくなってきます。
手札に上限がないので、お互いカード引きになってしまうと泥沼かも知れないけれど、そこまでカードを引いていても仕方ないというか。
お互いに短期決戦派だったのもあり、少なくなっていくカードでどう攻撃するかとか、コインをどのタイミングで使うかなど、割と考えて楽しめました。
1ゲーム10分かからないので、すぐに「もう1回!」と言えるのも良かったです。

・ゲームストアバネスト:カンフー