・ピニャピラータ
 Pina Pirata(IELLO/HJ:2014)


ピニャピラータ

毎ラウンド増えるルールの中で、自分の手札を早くなくすカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲーム開始時、持っているカードは8枚。
この8枚を誰よりも早くなくし、宝の地図の断片を手に入れます。
今回は「冒険ゲーム」だったので、地図の断片を4枚手に入れ、宝の地図を完成させるのが目的です。
手番がきたらカードを1枚出すだけ。
カードには海賊たちのイラストが1つもしくは2つ描かれていて、一番上に出されているカードと同じ海賊が描かれたカードを出します。
出せなければ、山札から1枚引きます。
注意しなければいけないのが、冒険タイル。
このタイルには困難と試練という名のルールが書かれていて、それに従っていきます。
まずは最初に出てきた冒険タイルを2人でよく確認して、ゲームスタート。

SPONSORED LINK

最初はカードのイラストを確認しながらなので、
「これペンギン?」
「これがトラ?」
と、思い出される某ゲーム。
イラストもいい味出してるんですが、見分けがつきにくいというかw
でもカード横に描かれているマークっぽいところには、色分けされて○で囲まれているので、わからなければ色で見分け。
今回運が良かったのが、冒険タイルでオールマイティが出来たこと。
これでかなりゲーム進行が楽でした。

「これペンギンで」
「じゃオウムで」
「うーん・・・ないから、これをオウムで」

そして曲者なのがカメ。
冒険タイルには、カメを出したら山札から2枚引いて1枚を手札に入れると・・・カメ出したくない。
そういう時に限って、2つのうち1つがカメばかり引いてくるw
2人なので、お互い出せないということもしばしば。
でも2人だからこそ、持っているカードを何となくわかってしまうので、出し方が大切。
序盤から順調に私が宝の地図の断片を手に入れていくも、トド吉も負けずに断片を入手。
しかもラウンド毎にルールが増えていくので、覚えているのが大変。

お互い譲らない戦いになり、断片を3枚ずつ持って迎えた最終ラウンド。
いやなカメのルールは消え、残る要注意ルールはウサギ。
でもオールマイティが消えてしまったので、なかなかカードが減っていかない。
減らないなら、ルールを利用してあがればいいんだ!ということで、ウサギを手札に残せるようにカードを出していく。
とはいえ、そんなに上手くいくはずもなく。
お互い手札が2枚になってからが苦しく、山札から引いてくるので減らない。
やっと1枚出すと、残ったカードはウサギが描かれているカード。
「あ!ウサギカードしか残ってないからあがり!」
私が4枚目の断片を手に入れて、勝利となりました。

今回の「冒険ゲーム」2人プレイで、最大の7ラウンドでしたが、夢中になって遊んで面白かったです。
ルールが6種類なので、こえて入れ替わってるのに、いつまでも前のルールを覚えていて慌てたり。
同じ海賊を使ったルールが並ぶと忙しかったり。
2つ描かれているので、たとえ1つが同じでも出す順番大切。
評判が分かれていたので、正直どうかな?と思っていました。
どんなカードが手元にくるかは運ですが、カードの使い方は自分で考えなければいけないので、これは意外にも2人でじっくり遊ぶのに向いてるんじゃ?と思いました。