・CV(Granna:2013)

CV

ダイスを振ってカードを手に入れ履歴書をつくり、目的を達成していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

まずは自分の人生の目的となるカードをもらいます。
目的といっても、最終的に条件に達していれば得点が入ってくるというもの。
これに向かって、カードを集めていきます。
手番になったらダイスを振り、出目を組み合わせて並んでいるカードを獲得します。
ダイスには不運の目もあり、3個になってしまうと獲得していたカードを1枚破棄しなければいけないのです。
獲得したカードは、以降の手番で使える効果があるものも。
カードは種類(色)別に分けていきます。
ゲーム終了時に枚数でボーナス点が入り、得点の高い人が勝者になります。
ルールはとてもシンプル。
あとは自分の目的や得たカードの効果をいかに上手く使っていくかを考えるだけ。
プレイヤーの人生は、ダイスが握っているという感じですw

最初に並んでいるのは青年期のカード。
効果もさほど強くないけれど、得るためのシンボルが少なくてすみます。
こういう小さい積み重ねがきっと人生!と、適当なことを言いながら、不運に怯えつつ振りなおし。
幸運が3個出れば、コストを払わずカードを獲得出来るけれど、不運なら獲得したカードを捨てるので、少ないダイスのやりくりが大変。
ダイス目の足りないところは、ゲーム開始時に持っていた幼年期カードで埋め合わせ。
少しがんばってでも、カードを取らなきゃ話にならないわけで。

ゲームが進んで中年期になると、カードの効果もそこそこ強い。
ここまで獲得してきていたカードの効果を使って、何とかならないかとあれやこれや。
そこでふと思い出すのが、最初にもらっていた目的カード。
見ると、集まっているカードはまったく関係がなく、むしろ違う種類のカードを集めないと得点にならない。
ところが、場には欲しい色のカードが並んでいない。
でも気付かれるわけにはいかないので、あくまで冷静な顔をしつつw
悩ましいのが、このカードを取るとこれ以上同じカードが取れないカード。
確かに強いけれど、この先何が出てくるかわからないし、悩んだ挙句そのまま捨て札に。

ダイスが増えるカードも揃い、シンボルが描かれたカードも揃ってくると、極端に楽になります。
そしてカードも中年期を過ぎて老年期になると、直接勝利点になるカードばかり。
しかも、今までのは何だったの!?というほど、ドルマークがいっぱい描かれているわけで。
目的にはまったく関係ないけれど、トド吉にばかり取らせては差をつけられてしまう。
でもダイス目が言うことをきかないし、ここまで来ると不運になりたくない。
トド吉の目的が何なのか、さっぱりわからないけれど、自分の人生はきっちり自分でw

ゲームが終わってみると、あきらかにカード枚数に差が。
ところが、私はしっかり人生の目的を達成していたのに対し、トド吉は未達成。
喜んだのもつかの間、特定のカードにボーナスがつくカードでの加算で敗北。
惜しい・・・勝ったと思ったのにw

履歴書とか人生とか、ちょっと難しい感じに思えたけれど、結局のところはダイス振ってカードを集めるだけ。
同じ色のカードが多ければ多いほど高得点だし、目的達成していればボーナス点が入る。
わかってしまえば、とても簡単。
自分が持っているシンボルとダイス目を足してどのカードが取れるのか?と、ついつい悩んでしまうので、これは2人で遊んでちょうどよかったかなぁと思いました。