・帝国を覆う影
 Shadow over the Empire(Artipia Games:2013)


帝国を覆う影

人物に影響を与え、自分の派閥が支配権を得るのを目的としたカードゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

場に並ぶのは大きめのキャラクターカード。
角には各自選んだリーダーカード。
ゲームは、この人物たちにトークンをのせ、影響を与えてコントロールしていくこと。
持っているトークンすべてを配置した上で、規定のキャラクターをコントロールしている・紛争にまったく関与していないという条件のどちらかを達成しているプレイヤーがいれば、そこでゲーム終了です。
コントロールというのは、自分だけがカードにトークンを置いている状態。
他のプレイヤーのトークンが1つでもあれば、そこは紛争中になります。
カードにはそれぞれ効果が書かれていて、自分がそのカードをコントロールしていれば、効果を使うことが出来ます。
手番がきたら、キャラクターに影響を与えるか、能力を発動させるか、パスするかのどれか1つを実行します。
一度パスをすると、次のラウンドまでは何も出来なくなります。
これを繰り返していき、全員がパスをしたらラウンド終了。
次のスタートプレイヤーを決め、終了条件になるまで繰り返していきます。
すべてはカードに記載されているので、基本的なルールはとてもシンプル。
勝利条件目指して、早速ゲームスタートです。

開始早々、トド吉がトークンを置いていき、中央のキャラクターにトークンを置く。
このキャラクターこそが、勝利条件になる規定のキャラクター。
それを見た他全員が、ざわざわし出す。
そして何とかしないと!と、協力態勢突入。
とはいえ、すぐにはゲーム終了にならないので(トークンをすべて置ききらなきゃいけない)、とりあえず一番近い自分の周りから固めていく。
トークンの数には限りがあるとはいえ、飛び地で置けるわけでもなく、数もかなりあるので、カードからカードへと、どんどん繋げていくので精一杯。

序盤は能力を確認しつつ、カードを交換したり、他の人のトークンを取り除いたり。
協力してるふりして、みんな自分の勝利に向かって動いていくので、かなりいやらしい感じにw
そして、並んだキャラクターカードは、あっという間に誰かがコントロールしている状態に。
ここからがゲームは本番。
自分がコントロールするためには、他のトークンにはどいてもらわなきゃいけないわけで。
そのためには、自分がコントロールしているキャラクターの能力をフル活用。
ここでこれを発動して、これがこうなるからこっちで・・・という感じ。
手番がくるまでに、ある程度考えておかないと、長考を誘うゲームです。
とはいえ、自分の手番がくる頃には、状況がかわっているので修正が必要なわけで。
しかも狭い範囲で動いていくので、あっちもこっちも紛争に。
こうなると我慢大会。
自分がどかされるのは嫌だけど、相手はどいて欲しい。

常に考えているので、過ぎていく時間もあっという間。
中央に行けば総攻撃は目に見えているので、紛争中ではないキャラクターをコントロール狙いで。
同じことを狙っていたのが、向かい側のCOQさん。
というか、終盤はほぼ私とCOQさんが好き勝手やっていたような・・・w
侍がちょっかいかけてくれば、即どいてもらったり、やっと勝利が見えてきたその時、気付いてしまったのです。

(あ・・・どう考えても1手遅れちゃう)

気付いた時のがっかり感。
その間に、COQさんがきっちり私のトークンをどかし、条件達成で勝利。

なんというか、とても息苦しいゲームでしたw
3手先まで計算しておかないとダメなんじゃ?という感じ。
中盤からは能力を上手く使えて、このままいけるか?とも思いましたが、最後のツメが甘かった。
うーん・・・残念。

この会社のゲームは・・・毎回言ってるような気がするけれど、アートワークは最高です。
すべてがカードに書かれているので、都度読みながらどう動くか考えなければいけなかったのが、意外に手間取ったところでした。