・ドラゴンの心臓
 Drachenherz(Kosmos:2010)


ドラゴンの心臓

カードを置いていき、名声ポイントを獲得する2人用ゲームです。
トド吉とプレイ。

お互い自分用のカードセットを持っていて、手番になったらカードを出していきます。
カードは1枚から複数枚出すことが出来ます。
細長いボードはカード置き場で、どのカードはどこへ置くのか決まっています。
さらに矢印で取れるカードも決まっていますが、石化ドラゴンと宝箱は取られるだけのカードです。
基本的にはカードに書かれている数字が名声ポイントなので、ひたすらカードを集めていくだけ。
カードの種類によっては、3枚目が置かれたら発動など決まっている場合も。
石化したドラゴンを獲得出来たらドラゴンコマがもらえ、手札の上限が1枚増えます。
相手が石化ドラゴンを取った場合、コマも移動してしまうので手札が5枚に戻ります。
これを繰り返していき、船が3回出港したらゲーム終了。
獲得したカードの名声ポイントを合算し、高いほうが勝者になります。
発売してすぐに遊んだけれど何となく忘れていたので、久しぶりのプレイとなりました。

SPONSORED LINK

淡々とカードを置いていくけれど、実はかなりの駆け引きが必要なゲーム。
1枚で効果が発動するカードは良いけれど、2枚、3枚と数が必要なカードは、どこまで我慢するかが重要。
むしろ、自分で複数枚出して発動させたいわけで。
ところが、それを狙って他のところへ1枚出してごまかしているうちに、トド吉に持っていかれてしまう。
より高い数字の宝箱を狙って重ねていったら「ちょうど食べごろ!」と、やはりトド吉に取られてしまう。
悔しいので、トド吉が使ったファイヤードラゴンをドラゴンハンターで回収。
数字が3や4だと、やはり目がくらむのですw

石化したドラゴンは、プリンセスがいないと取れないのでたまる一方。
2枚くらいならスルーしているけれど、それが3枚、4枚と増えてくると、プリンセスを引けたら精神的に勝利しそうな勢い。
ところがお互い引かない。
やっと手札にプリンセスが入ってきた!と思ったら、またしても1手遅く取られてしまう。
悔しいので、ゴブリンでプリンセス回収。
後手に回ってばかりでは勝てるはずもなく、20点差で敗北。
悔しいなぁ・・・

ということで、次はトド吉が先手番で再戦開始。
手札を見れば見事にばらばら。
とりあえず4枚必要なドワーフを1枚出して様子を見る。
自分で回収出来ないなら出したくない石化ドラゴン。
でも出さなければ手札を圧迫してきて、カード補充枚数が少なくなっていく。
仕方がないので、ドワーフの1を出してごましていると、トド吉が2枚出しで回収していく。

うーん・・・さっきと同じ展開になりそう

今度は2でもいいから、1枚で効果が発動するファイヤードラゴンなど重視で。
使ったファイヤードラゴンを自分で回収出来ればうれしいけれど、ドラゴンハンターは手の中に1枚。
とりあえず他のカード回収を狙う。
そのうち、ヒーローとドラゴンハンターが船の下にたまってくる。
1枚1枚の数字が小さいので、お互いにスルーしがち。
でもさすがに10枚近くたまってきたところへ、ちょうど船カードが。
これは回収するしかない!ということで、すでに1枚出されていた船カードに2枚出しして回収。
数字はどうとも枚数が多いのでちょっとうれしいw
そもそも船が3回出港すればゲームが終わるので、手札の中には船カードを2枚にしておく。
終わらせるタイミングが選べるのは大切な感じに思えたから。
ドラゴンコマはトド吉に取られてしまったけれど、持っていても3点と手札が1枚増える程度なら、他の数字が高いカードを取りにいくわけで。
そして、ある程度ボード上のカードが動かなくなってきたところで、船カードを出して出港させゲーム終了。
今度は4点差で勝利!

終わった後、一番強く感じたのが、淡々とカードを出し続けるゲームだったなーと。
駆け引きというか、常にこっちを取ったらあっちを取られるという状況なので、どこまで我慢するか・どこで出すかの我慢だらけでした。