・オバケのたまご
 Geisterei(Drei Magier:2014)


オバケのたまご

オバケのたまごを運ぶアクションゲームです。
つなきさんと2人でプレイ。

箱をつかってお城をセットし、オバケタイルをランダムで並べます。
オバケタイルには1から3のオバケが描かれています。
ここへスポンジのたまごを運んできて上手に落とし、タイルを集めるのが目的。
スタート地点になるブルーベリーの茂みは、お城と3〜4メートル離して置きます。
手番になったら、まずダイスを振り、出目に従った方法で運びます。
爪先立ちだったりしゃがんだ姿勢だったり、6種類の運び方があります。
これを繰り返し、誰かがオバケタイルを6枚集めたらゲーム終了。
獲得したタイルに描かれているオバケの数を比べて、一番多い人が勝者になります。
これだけ聞いていると簡単だと思ったんですが、実際遊んでみると練習が必要なゲームでしたw

2人ともブルーベリーの茂みに集合w
ダイスを振るのは手番プレイヤーではなく、左隣りの人。
そしてダイス目には、ダイスを振った人が仁王立ちした足の間をくぐって行くとか、ダイスを振った人が小さく丸まって石になっているところを越えていくとかあります。
協議の結果、今回は「自分が1回石になる」と「またいだふり」で済ませることに。
てか、スカートはいてる女性をくぐったりは無理なので、オープン会向きじゃないねw

指示が出たところで、早速たまご運びに挑戦。
まずはシャルロットを持ちます。
頭のオバケの頭部分を持ち、ふわっと上手にたまごを布で包みます。
これが上手くいかない・・・
きれいに布を被せないと、運んでる途中でたまごが落下してしまったりするのです。
でも大丈夫。
3回までチャレンジ出来るので、運んでる途中に落下しても安心なのです。
オバケのたまご
最初は「これで運べるの?」と疑問に思いましたが、なんとちゃんとたまごがくっついてるという。
これを指示通りの歩き方で城まで運びます。
問題は落とす時。
自分ではオバケが3つ描かれているタイルがいいので狙いを定めて・・・意外に力を入れて振り落とさないとたまごが落ちない。
しかも、落ちた衝撃でたまごが弾んで、違うところに落下w

今回は、つなきさんが3回失敗して運べなかったこともあり、タイルを6枚集めた私の勝利で終了。
コツをつかんだと思ったのに、実際やってみるときれいに布が被さってなかったり。
ちなみに、運ぶたまごはスポンジなので、落としても割れませんw