・お宝猛ダッシュ
 Hetzen nach Schatzen(HABA:2013)


お宝猛ダッシュ

宝箱の中に自分のカードを入れていくゲームです。
おのさん・神尾さん・トド吉・私の4人でプレイ。

ゲーム開始時、各自5枚のカードセットを持っています。
このカードを指示に従って宝箱に入れていき、5枚全部を入れ終えたら、急いでスタート地点に戻ります。
一番早く海賊フェクスを取った人が勝者です。
ゲーム開始時、宝箱の色と違う色のお宝カードを入れ、適当な距離に宝箱を設置。
みんなばらばらに置いたので、宝箱をどこに置いたのか確認したら準備完了。
ルールはとてもシンプルなので、自分のカードセットが入っている袋を握り締めたらゲームスタート。

SPONSORED LINK

「海賊フェクス、よーいどん!」
一斉に四散。
いい年した大人4人が、片手に布袋を持ってダッシュです。
まずは一番近い場所の宝箱を目指す。
蓋を開けてみると中には青いカード。
この色が、私が次に行かなければいけない宝箱なのです。
宝箱は赤いので、自分のカードセットから黄色のカードをのせて蓋を閉じます。
そして次の青い宝箱目指してダッシュ。

のんびりしている時間はないのです。
次から次へと宝箱を渡り歩いていると、たまに「戻る」というカードが出てきて、またしても慌てる。
たどりついたと思ったら先客がいて、終わるのを待たなければいけないわけで。

(ちょっと早くしてよ・・・)

慌ててるからといって、宝箱と同じ色のカードを入れるのだけは避けないと。
赤い箱を開けて中に赤いカードだったら、次に行くべき宝箱が同じということになってしまう。
そうなると移動せずにカードを入れるだけという。
ある程度の距離があるので、とにかくあっちへ行ったりこっちへ来たり。
途中通行人がいて、急ブレーキしたり。
自分では早いつもりで、カードを全部入れ終わり戻ってみると・・・そこには、すでに終わって待っていた神尾さんの姿が。
早過ぎるwww
一応、全員がちゃんと指示通りにカードを入れていったのか、全員で確認。
海賊のおきては厳しいのです。
今回は全員間違えてなかったので、勝者は神尾さん。

自分が遊んでいた時は夢中で気付かなかったんですが、これは人が遊んでる姿を見ているのがもっと楽しいw
ゲームマーケットでスタートから終わりまで見ていたんですが、大人が真剣な顔して走ってきて、宝箱を開けては閉めて再び走り出す。
この姿がとにかく面白いw
応用ルールで難易度が上げられるフェクスシリーズなので、より高い難易度でも遊んでみたいです。
いやむしろ、一番難しいルールで遊んでる姿を見学したいかもw

・高円寺0分すごろくや:ゲーム紹介:お宝猛ダッシュ