今日は、ゲームマーケット後の恒例同人ゲーム大戦でした。
場所はイエサブ戸田、メンバーは、いたるさん・トド吉・侍・私の4人でした。
プレイしたゲーム

今回遊んだのは12ゲーム。

<遊んだゲーム>
(写真はクリックで少し大きくなります)

・オツカイフクロウの苦労話(梟老堂
オツカイフクロウの苦労話3人専用ということで、いたるさんの到着前にこのゲームから開始。マストフォローのトリックテイクだけど、カードドラフトもできて、さらに3人が協力して目的を達成していくというてんこもりさ。実際遊んでみると、トリックを取ることより、いかにマストフォローから逃れるかというゲームでした。トリックを取るのがリードプレイヤーになるということなので、そこはこだわない感じで。手札の色を偏らせないといけないのに、上手く出来なかったのが私と侍。トド吉はきれいに1色でまとめていた。でも28点取れたので満足。

・レディースオークション(ショーナンロケッティアズ
レディースオークションダイスを使った3人専用の競りゲーム。洋服のコーディネイトで得点を競うけれど、そこにブランド要素ものっている感じ。握ったダイスの個数で競り合うので、どこかで必ずダイス不足で失速するので、そのタイミングをうまくつかまないと、せっかく出てきた欲しいブランドを買い逃したり。短時間で遊べるのにちゃんと面白さがあって、きれいにまとまっている感じでした。ただし掛け声がなぜか「ヨーホーホー」になってしまったのは、先日の例会でスカルキングを遊んだからかとw

ここでいたるさんが合流するも、もう1つ3人用ゲームがあるということで遊び始めたけれど、ルールを致命的に間違えたことが発覚。後日再戦ということで途中終了。

・ole-kaji 船を出せ!建物を建てろ!俺はカジノに行ってくる!(TAGAMIGAMES
オレカジゲーム名であまり期待していなかったんですが、遊んでみたらその出来に驚く。ボードやカードがとにかくよく出来ている。カジノや黒魔術に少しのダイス運があるけれど、そこを使わなくてもゲームにはなるし、毎ラウンド使えるワーカーの数がダイス目で決まる程度。あとは航海もあるけれど備えをしておけばいいけれど判定はダイス目。要素というか細かいルールがかなり多いのと、カード説明で1枚理解し難いのがあったけれど、何とか解読。ところが5ラウンド目で何かおかしい・・・と気付き、再度ルールブックを細かく確認。致命的な間違いに気付く。ちょっと悩んだけれど、私の「やり直し!」号令で最初から。実はこの2回で4時間使ってしまったのでした。一度ちゃんと遊べればすんなり行くし、その面白さに気付けるかと。ただし、ルールブックが壊滅的にひどいので、そのあたりをちゃんとすればいいのに。あと、ボード裏面にリファレンス的な図があってもゲーム中確認出来ないので、別紙で1枚つけたほうが良かったと思いました。ゲームは文句なく面白かったです。これで初出展というから驚き。いたるさん・トド吉・私が今日一番だと思ったゲームでした。

・スライド10(遊学芸
スライド10紐の中に散らばる数字の中から、10をつくるように選んでゴールまで持ってくるゲーム。5歳からというように子供が数を覚えるのに役立ちそう。ただし大人4人の場合は本気。誰かが手番でやってると、ちょっとでも爆弾に触れないか全員で細かくチェックw ちょっとでも触れると「はいアウトー!」。序盤は数字が多いのでいいけれど、後半がきつい。見ると爆弾だらけ。これほど手の大きさで有利不利が出るものなのかと思い知らされましたw 長時間ゲームの後だったので、頭のリフレッシュが出来てよかったけれど、たぶん子供に遊んで欲しいゲームだと思うのでした。
・もぐらの父さん宝を探す(TAGAMIGAMES
もぐらの父さん宝を探す袋からタイルを引いて、探索中なら並べておいて家に持ち帰れば確保。でもドアがない家だと泥棒に盗まれてしまうというテーマの子供向けゲーム。タイルとカードのイラストがかわいい。探索中にどれだけ集められるかと思ってためこむと、泥棒がきて盗まれたり、オバケが出てきて全部袋に戻すことになったり。終盤は全員がある程度探索中でためこんでいるところへ、オバケが出てきて泣く泣く宝を捨てたり、誰かが9点になると「泥棒!泥棒引け!」と大人気ない感じでw 楽しく遊べました。

・右代宮邸連続殺人事件(07th Expansion)
右代宮邸連続殺人事件ワンナイト人狼+レジスタンス(ルールブックにそう書いてある)。ミッションに選ばれなかった人がGMになって、そこがランダム要素で失敗が混ざってくる可能性。配られた役割はいきなり犯人。さてどうしたものかと思いつつも、何とか侍が犯人だという流れに持っていったけれど、失敗させるのって難しい・・・途中までいい感じだったけれど、もたもたしてる間に成功されてしまい、私の敗北で終わり。うん。確かにすぐ終わるレジスタンス。こういうゲームは自分の潔白を主張している時が一番楽しい。全然潔白じゃなかったけどw
・理想の納豆(盤博)
理想の納豆並んだ4つの納豆を自分好みにトッピングして適度に混ぜるゲーム。好みのトッピングはプラス点、それ以外はマイナス点。そしてしょうゆやからしでさらに得点UP。あとは適度に混ぜるけれど、裏向きでカードが置かれていくので何回混ざってるのか正確にはわからず。納豆だしネタ枠だろうと購入したけれど、自分好みだったりトンデモ展開になったりして面白かった。2回目で侍が空気読めないことをしたおかげで、私と侍の納豆だけがひどい得点だったことを記しておかないとw

・トイレ大戦争(PURPURIN
トイレ大戦争便意を我慢しながら会社を目指すゲーム。トイレと聞いたら見逃せないという。開封して一番驚いたのがう○ちのコマ。レア物は入ってませんでした。とにかくプレイ中はおかしいぐらい「漏らした!」「漏らしちゃえ!」「漏らしてもらいましょう!」ばかり言ってた気がww こまめにトイレに入れて余裕な私の周りで、男3人衆は漏らしまくり。でも漏らすほど移動距離が多くなるのと駅の数が減っていくので有利になるという。でもやっぱりぎりぎりまで我慢したくなってしまうわけで。「漏らせば漏らすほど強くなる!」とか何を言ってるのかw 収束性の良いちゃんとした(?)レースゲームで面白かったです。一番漏らしたのは侍なのに、会社へ辿り着いてゴールしたのはトド吉というw

・だるまさんがころんだ(PURPURIN
だるまさんがころんだカードを一斉に出していくけれど、親は持っている「だるまさんがころんだ」を数字分めくり、子は移動する。最後のころんだの「だ」の時に子が動いていたら即脱落。動かなかったらそのまま続くという、だるまさんがころんだそのもの。全員一度ずつ親をやったけれど、早々に0を使いすぎてあっという間につかまったり、自分が親の時につかまえられなかったり。子はだるままで15歩なので、何とか進みたいけれど、どこまで言葉が進んでいるのか慎重に。終わった後の満足感がちょっと薄いように感じたけれど、これはその前に遊んだトイレのインパクトが強かったせいかも。

・そんなあなたも名探偵 あてずっぽ殺人事件 はずしたら追放よ♥(TAGAMIGAMES
あてずっぽ殺人事件各自持っている手札の情報を頼りに犯人を当てます。運良く途中で家政婦が2枚きたり、私が持っているカードと同じカードが他の人に使われて2枚確定したり。特殊効果でカードをそもそも奪い取ることができたりするので、侍が無念の途中脱落w その後残った3人で絞り込んでいくも、どうにもトド吉に上手くやられてる感が否めず。最終的に二択まで絞り込めたけれど、いたるさんが犯人を当てて終了。純粋な手札探りあいなので、効果をいかに上手くつかっていってライバルを蹴落とすのかが大切。

ここのゲームを3つ遊んだけれど、どれも違うテーマ・ルールなのに、どれもよく出来ているなぁと思いました。これは次回作も期待してしまいます。

・ネコの集会(ぐるあゲームズ
ネコの集会4ヶ所の集会所にいき、知名度をあげていきます。各集会所に山になってるカードがおかれているけれど、めくるのは一番上だけ。覗くことも出来るけれど、覗いてるうちに他の人が先に集会所へいってしまってがっかりとか。後半に差し掛かるまでは割といい勝負だったし、勘で行った集会所で100取れたのも大きかった。問題は残り40以下になってから。一発逆転を狙うあまり、覗かず勘で一斉に突撃。そして返り討ち状態で悲鳴をあげるw 終わってみれば全員規定値の500をこえていたいい勝負だったし盛り上がりました。 

・モモンガ・ジャンプ(eggplant
モモンガジャンプ最後は時間がないということで、楽しみにしていたこれを。練習では上手くいったのに本番がダメ。いつまでたってもスタートから動けなかったのは私。そのうちいたるさんが1周まわってきて周回遅れになるも、そこから奇跡的にアイテム拾いながら前進。あと1つ集めたらいいだけなのに、同じものがかぶったりなかなか揃わない。しかも焦れば焦るほど、モモンガが着地してくれない。コツをつかんだ!と思ったのに、まったくダメだったり。先頭の人は1回しか飛ばせないというのがいいハンデ。4回やってもダメな時はダメだというのを披露しましたw 本来はアイテム集めたあと1周すればゴールだけれど、時間の都合でトド吉が集めた時点で終了としました。木の香りがいいし、空飛ぶモモンガのアイデアも面白かった。

ここで終了。
今回は予定外のところで時間がかかってしまいましたが、満足度はかなり高かったです。
まだまだ遊ぶゲームはあるので、新作投票に間に合うようには遊んでいく予定です。
かつては膝に矢を受けていたいたるさんだったけれど、今日は清清しく去っていきましたw
ちなみに「今日一番のゲームは?」との質問に、いたるさんの答えはこちらでした。



<GM2014春新作>
・第二次同人ゲーム大戦2014
・第三次同人ゲーム大戦2014その1