・スカルキング
 Skull King(Schmidt:2013)


スカルキング

自分が何回カードを獲得できるか予想して、得点を獲得していくゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

ゲームは10ラウンドで、ラウンドあたり手札として使う枚数はラウンド数に比例するので、1ラウンド目は1枚、2ラウンド目は2枚と増えていきます。
最終10ラウンド目は10枚の手札を使います。
この中で、自分が何回取れるかを予想します。
もっとも1ラウンド目は手札が1枚なので、1回しかゲームをやりません。
それを確実に取れそうなら1回と予想すればいいのです。
全プレイヤー一斉に机の上に拳を出し、「ヨーホーホー」と掛け声をかけます。
そして「ホー」の掛け声と共に、自分が何回取れるか指で示します。
宣言した数はメモしておき、いよいよゲーム本番。
親プレイヤーから準備カードを出していきます。
マストフォローなので、親が出したカードの色と同じ色を出していきますが、なければ別の色でも構いません。
カードには数字だけでなく、特殊カードもあります。
常に負け宣言の白旗、出されてるカードが数字だけなら最強だけど人魚に負ける海賊、同じくスカルキングだけには負ける人魚、海賊か白旗か選べるきまぐれメリー、人魚以外すべてに勝つスカルキング。
白旗が描かれているものはわかりやすいのでいいとして、人魚・海賊・スカルキングの強さ判定は覚えておいたほうが良いです。
手札を使い切ったらラウンド終了。
各自、自分が予想した数と実際の数を比べて用紙に記入したら、次のラウンドへと進みます。
マストフォローのトリックテイクということで、期待上々でプレイ開始。

まずは、頭の中で人魚・海賊・スカルキングの効果を覚えようと必死です。
特殊カードやコインが描かれているものは、上手く取れればボーナス点が入るんですが、そこまで気が回らず。

最初の1枚は、どうみても取れそうもないので0と予想。
というか、なぜか全員0予想。
この中の誰かがマイナス点確定なわけで。
終わってみたら、取ってしまったのはCOQさん。
でも1ラウンド目だから取れても1トリックということで、マイナスは10点。

そう。このゲーム、ラウンドが進むにつれ、0を予想してはずした時のマイナスが大きいのです。
取れると予想しておきながら、多かったり少なかったりは1トリックあたりマイナスは10点。
でも0と予想しておきながら取ってしまうと、マイナス点はラウンド数なのです。
8ラウンド目ではずしたら−80点!?
逆に考えると、もし0と予想しておきながら取ってしまったら、他の人に取らせないように自分が全部取ってしまうという邪魔が出来るのです。
とはいえ、出来ることならマイナスは控えたいところ。

こまめに予想を当ててはいくものの、当たっていたとしても1トリックあたり20点のプラス。
2つや3つ取るぐらいなら、いっそ0で狙ったほうが得点が多い後半。
5ラウンド目だけ0で当てて50点をもらうも、0を当ててきたトド吉に負けている。
でも手札を見ると、絶対取れてしまう雰囲気。
それでいてマストフォローなので、1つの色を完全に使い果たして調整しようとするも、いいところで上手くいかない。
8ラウンド目で0を当てたトド吉とCOQさん。
ここで80点獲得と大きくリード。
そして9ラウンド目も予想をはずしマイナス点。
どうやったら上手くいくのか・・・

むかえた最終ラウンド。
カードを見ると、ちょっと取れちゃいそうな雰囲気。
でもここは強気で0宣言。
大丈夫。白旗あげられるし、色も偏っている。きっと大丈夫。
と思ったら、私とビリ争いをしていた侍も0宣言。
むむ・・・負けてなるものか。

さすがに手札が10枚あると、何とかなるもので・・・意外にすんなり0のまま。
というのも、途中で侍がうっかり取ってしまったおかげで、どんどん1人で取ってたから。
手札はあと1枚。でもスカルキング。
きっとトリックを取りたいどちらかが人魚を持っているはず・・・期待度高し。
すると前手番のCOQさんが人魚を出してきた!
うひょー!
喜んでスカルキングを出して負けるw
最後の最後で大きなプラス点。
ただし、人魚とスカルキングが揃っていたCOQさんは、予想通りの得点にボーナスで50点が入ったので、そのままぶっちぎりで勝利。
終わってみると、3人が3桁のプラス点なのに、侍だけはマイナス点。
おそるべし・・・0はずし。

最初の手札が1枚だった時はどうなることかと思ったけれど、1枚ずつ増えていくのが面白い。
最初の予想である程度わかってしまうので、それを踏まえてカードの出し方を考えるのもいい。
予想して遊ぶトリックテイクは割とあるんですが、毎ラウンド手札を1枚ずつ増やしながら予想は初めて。
当たらない予想に振り回されつつ、かなり楽しめました。