・ビーバー建設会社
 Biberbau & Co.(HABA:2013)


ビーバー建設会社

4匹の動物たちがそれぞれ違う階層の家を望んでいるので、希望通りの家を建ててあげるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

プレイヤーはそれぞれ3枚の設計カードとハムスターを持っています。
建てて欲しい家は、カエルが2階建て、ウサギが3階建て、ビーバーは4階建てです。
ハムスターは設計図がないので、自由な階層(最大5階)を建てることができます。
ただし建築する前に「ハムスターの家をつくる」と宣言してから。
建築するのは、山札からカードをめくっていくだけ。
同じカードが出てしまったら失敗で、それまでにめくったカードを他のプレイヤーに分けなければなりません。
ビーバーが希望する4階建ての家だけは、完成させたらラズベリーソーダを飲んで元気が出るので、もう1手番出来ます。
これを繰り返していき、誰かがすべての家を建て終えるか、山札が尽きたらゲーム終了。
手に入れたカード枚数の一番多い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

まずは、より高い家を目指すよねーと言いながらカードをめくる。
1階部分完成。
もちろん、続けて2枚目、3枚目とイラストがかぶらずスムーズ。
問題は4枚目。
でもやっぱりもう1手番出来る4階建ての家を目指せ!とめくったら・・・2階部分と同じカードで失敗。
トド吉に1枚カードをあげて、手番終了。

2人とも序盤から4階建てしか見えてないので、バースト合戦に。
このままでは1軒も完成せずにゲームが終わる。
そこでトド吉が3階建てを完成させる。
私もまねして3階建てを・・・なぜか1階と3階が同じカードになり失敗。

「なんでー!?」

その後トド吉はハムスターの家に挑戦し、4階建てをつくってあげる。
悔しいからせめて2階建てでも完成させて・・・失敗。
なんでこうカードの巡りが悪いのかw

その後少しは運が向いてきて、3階建てを完成させる。
4階建てを完成させたら、山札が残り1枚。
1枚で完成できる家・・・ハムスター!
ということで、1階建ての家をハムスターにつくってあげて、ゲーム終了。
1枚差でトド吉の勝利。
お互いに失敗の連続だったこともあり、それでもらった得点のおかげ。

カードを好きな枚数めくれるゲームは、ついつい「あと1枚くらいいけるはず」と考えがち。
少しは落ち着いて考えればいいのに、勢いで遊んでしまうしw
それでも上手く家が出来上がるとうれしいものです。

・高円寺0分すごろくや:ビーバー建設会社