・なつのたからもの(New Games Order:2013)

なつのたからもの

同じ数字のカードを3枚集めて得点にしたり、手札で10種類を集めたりするゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

「Zirkus Flohcati」の日本版リメイクで、イラストも日本仕様。
すいかとかひまわりとか、すべてが夏に関係するものになっています。
確かにノミのサーカスよりいい。

夏休みがはじまったので、宝物を集めましょうというテーマの通り、カードを集めていきます。
自分の番がきたら、山札から好きなだけめくっていきますが、同じ色がもう1枚出てしまうとバーストで終了。
何ももらえません。
「このへんでいいかな?」と思ったらやめて、並んだカードから1枚取ります。
ちなみに、山札から1枚もめくらずに並んだカードを1枚だけ取ることも可能。
集めたカードは同じ数字3枚をセットにして、自分の前に出すことで得点になります。
カードにはアクションカードもあり、他の人を選んでカードを1枚おねだりしたり引いたり。
これを繰り返していき、誰かが手札の中に10種類集めた宣言するか、山札が尽きたら。
10種類集めて宣言することでゲームを終わらせた人には10点がはいります。
残った手札の中で、それぞれの色につき一番高い数字のカード1枚の数字と、つくったセット1組10点を合計して一番高い点数の人が勝者になります。
ルールはシンプルというかめくっていくだけじゃ・・・?と思いつつ、早速ゲームスタート。

実ははじめるまで、本当に淡々とめくるだけなのかな?と思ってました。
ところが、ある程度カードを集めたところで気付くのです。
考えないとダメだということに・・・

大きな数字を狙っていくトド吉と侍。
しかも色までかぶり気味。
そこで率先して1や2でセットをつくっていくのが効率いいと思い、2人が集めていない色を狙う。
カードをめくると、どうしても自分が欲しいものまでめくってしまいバーストしてしまうので、並んでるカードで足りるならそっと取って終わり。
そのうち、あまりにバースト続きのトド吉が、カードめくらない作戦を決行。
そして私も運がいいことに、欲しいカードが置き去り状態になってるのでそっと取る。
そうなると、並んだカードが減ってしまい、結局侍がめくってはバーストの刑にw
人がバーストするのを見るのは楽しいものです(ぉぃ

せっかく集まったのだから、さっさと3枚セットにして出してしまうことに。
最初から10種をまったく狙ってないわけで。
カードを取るたびに「3枚だしまーす」と宣言しては、1を3枚とか2を3枚出していきます。
数字を集めるので、カードのイラストをのんびり眺めてる余裕がなくてもったいない気も。

山札も中盤が過ぎ、そろそろゲーム終了を意識しなくては!ということで、今度は大きめ数字を色違いで取っていく。
7なんて残っていたら、率先して飛びつくw
山札があと数枚のところでトド吉が
「10種類そろったー!」
と宣言。
ここでゲーム終了。
ところが10種類のトド吉より、こまめにセットをつくっていった私の勝利という展開に。
手札に残っていたカードが6や7と大きな数字だったのもよかった。

ただめくっていくだけかと思ったら、めくりすぎてもダメで集める数字や色もちゃんと考えてないとダメ。
それでいて手軽だし、バーストすると盛り上がるし、楽しく遊べました。
何といってもやっぱりイラストがかなりいい。
日本人じゃないきゃわからないけれど、日本人にはなじみがあるし、終わった後カードを広げてみんなで眺めていました。