・キャンディ大好き!
 Futterneid(2F:2013)


キャンディ大好き!

より得点の高いお菓子を取れるように、上手にお菓子を分配していくゲームです。
いたるさん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

場に並ぶのは5種類のお菓子。
この5種類のお菓子、使う個数が全部違います。
ゲームはまず自分の好物を決めるところからはじまります。
まずは10枚ある基本点タイルをシャッフルしてランダムに表向きで1枚ずつ配置します。
そして、この基本点を増減するのがプレイヤーが持っているタイル。
裏向きで好きなところに置いていくんですが、プラスもあればマイナスも。
誰が置いたかわからないように、最後にシャッフルします。
どのお菓子が何点なのかわからないけれど、見えてる点数と自分が置いたタイルでだいたいを予想し、お菓子の分配開始です。
手番がきたら、まず自分のプレイエリアにお菓子があれば確保。
そして、右隣りのプレイヤーがプレイエリアに置いているお菓子の数±1枚のお菓子を場から取るか、プレイエリアに2枚以上置いているプレイヤーからお菓子を盗むかを選択して実行します。
これを繰り返していき、場からお菓子がなくなると、今度はプレイヤー同士のお菓子を取り合います。
自分のプレイエリアにあるお菓子を手番毎に1枚ずつ確保出来るんですが、すでにプレイエリアにない人は他のプレイヤーのプレイエリアから1枚盗めるのです。
盗まず、パスをして抜けることも可能。
全員が抜けるかすべてのお菓子が確保されたらラウンド終了です。
裏向きだった好物タイルを表向きにして、確保したお菓子の点数を計算したら次のラウンドへ。
2ラウンド終わったら、両ラウンドの得点を計算し、一番得点の高いプレイヤーが勝者になります。

お菓子の分配というより、仁義なきお菓子争奪戦といった感じ。
しかも全部カロリーが高そうw

1周目は全員が場からお菓子を取って、プレイエリアに配置・・・と思ったら、確保させてなるか!と早々に盗む。
次の手番まで置いておけば確保されてしまうからです。
でもそれは全員同じ。
奪うか奪われるか。
どのタイミングでお菓子を確保出来るのか。
食べ物の争奪戦はかなり大変ですw
さらに自分が高得点になるよう好物タイルを置いておけば、序盤からそのお菓子を取りにいくのでばれる。
でもそれがブラフで、実はマイナス点が仕込まれてる場合も。
とはいえ、お菓子を集めなきゃ点数にならないわけで。
ちらちら周りの状況を見ながら「お菓子確保しまーす」と少なくても確保も大切。
もっと集められるかと思ったら、意外に盗まれることが多くて、お菓子がたまらないのです。
誰かが奪えば、その人をまた誰かが奪う。
盗まれる時は1枚だけお菓子を確保出来るので、地味に増えてはいるんですが、さすがに並べただけ全部確保出来るのとは違う。
しかも、自分の右隣りの人がお菓子を盗まれてしまって、プレイエリアが空だった時。
場から1枚しか取れないなら、他の人のお菓子を盗むほうがいいわけで。
とにかくひたすら奪ったり奪われたりが続き、ようやくラウンド終了。

ここで今まで裏向きだったタイルを表向きにするんですが、出てくるのは悲鳴ばかりw
一番ひどかったのが?と−2ばかりだったとか、相殺してみたら1点にしかならないとか。
狙ってないお菓子が高得点だったりするので、本当の意味でお菓子の宝箱。
開けてみないと中身がわからないw
これを踏まえて2ラウンド目。
最初からおそらく好物であろうお菓子を取っていく侍、それを盗むいたるさん、いたるさんのお菓子を盗む私。
お菓子は1枚ずつ減っていくので、どこかでは必ず止まります。
でもそのタイミングが難しい。
しかも最初にかなりダメージを受けているので、ちょっとおとなしくなってお菓子集め。
2ラウンド目はあっという間に終わり、勝ったのはいたるさん。
得点の高いお菓子を集めていたのが大きかった。

これはもう分配じゃないでしょw
キャンディ大好き!なんていいながら、みんながマイナスタイルを仕込んでいたとか、本当に仁義なきお菓子争奪。
「あいつあのお菓子にプラス置いてるんだ!」とか「なんでだれもあれ取らない?」とか、自分だけが知っている置いたタイルの内容が見え隠れするのも面白かったです。