・タシュケント
 Taschkent(Mucke Spiele:2012)


タシュケント

バザールで交易しながら品物を手に入れ、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードの中央は交易品。
この交易品は同じ物セットや種類セットで最終的に点数になります。
基本的には手番がきたらアクションとラクダアクションを1回ずつ行っていきます。
自分の交易所を建てたり、自分のコマを建てたり、ラクダ乗りを動かしたり収入をもらったりします。
その後でラクダ乗りのアクションがあり、3歩まで無料で動かしアクションを行います。
ちなみに基本は無料ですが、3歩以上とすでに他の人がいるマスだと、余分にお金がかかります。
今回は2人プレイなので、ダミーが入ります。
このダミーはダイス目で移動します。
ラウンドによってアクションの回数が違い、ダイス目次第で最大4回まで行うと交易ラウンドへ。
交易ラウンドでは、自分の交易所を建てたバザールで、ラクダ乗りアクションで入手した品を売ってお金にかえます。
3色の交易品があり、バザールは3色1つずつ指定なので、先に同じところで売られてしまうと売れないことも。
そもそも交易所を建てていないと売れませんが。
売る先はテントのようなバザールなので、バザールがない土地では交易できません。
交易はお金にかえるか交易品をもらうか決め、これを繰り返していき終了条件になればゲーム終了。
集めた交易品セットの得点なるけれど、お金が一番少なかった人は脱落してしまうルール。
今回は2人プレイだったので、お金の少ないほうが多かったほうに交易品をランダムで2枚抜かれます。

最初は交易所をばらまかないと、ということで交易所を置き、ラクダ乗りでアクションカードを獲得。
トド吉が中央の小屋がたくさんある場所に交易所を置いたので、私は次に小屋が多いところへ。
ダミーは1の小屋にいるので、出来るだけ遠くに置くのも大切。
そして2回目のアクションでは品物を獲得。売り物大切。
3回目があるかと思ったら、あっさりダイス目失敗で交易へ。
2回しかアクションが出来ないと大きく変動することもなく。
初期資金が残っていたので、とりあえず交易品を入手。
何とも地味な展開に。
ところが・・・この後、いくら念をこめてダイスを振ってもアクションは2回。
交易所を置いても一度にたくさん交易することが出来ない。
ここで役に立ったのがアクションカード。
ラクダ乗り追加のカードがあったので、早速使ってラクダ乗りをもう1手番。
これで交易する品物が2個に増える。
ここは集めていた交易品カードが横並びだったので、もちろん入手。
交易品は同じ物が最低2枚ないとお得感がないのです。

とにかく2回しかアクションがないので、2人とも地道に交易品を集めていくも、容赦ないのがダミーくん。
ダミーは2つあり、1つはラクダ乗りで邪魔してくるものと、砂漠を移動してどんどんバザールに品物を売ってしまうもの。
このダミーがとにかく青色の品物をばんばん売るので、ゲーム終了が近づいてしまう上に、自分たちが売れないという状況になりかねない。
最初にダミーと離れた位置に交易所を置いてよかったと思えるほど。
思った以上に交易品が集まらないなぁと思っていたら、ようやく3回のアクションがw
と思ったら、続いて4回目のアクションも。
こうなると品物を多く入手出来るので、お金にしても懐が潤うし交易品も多めに入手。
ゲームを遊んでるという実感も出てきます。
そして、アクションカードを引いてみたら、ゲーム終了時まで使わなかったら5金。
それなら絶対使わずに残しておく!ということで、こっそり衝立の後ろに隠しておきました。
最後に交易品2枚取られるのは痛すぎるから。

そして青色の品物が在庫切れになりゲーム終了。
集めた交易品も上々な感じ。
そして・・・運命の所持金チェック。
なんと1金差で私の方が多く、さらにトド吉から取り上げた交易品で3種セットが1セット増え、ゲームにも勝利しました。

途中までの2回アクションではやりたいことがまったく出来ず、2人プレイなのに長く感じたほど。
さすがに3回、4回と出来るようになると、一気にゲームが進むし、派手に交易品を入手できて楽しくなってきます。
もっとも進まない感じがしても、ダミーくんが強制的に終わる方向へもっていってくれるわけですが。
見難いと思っていたボードもわかってしまえば大丈夫。
砂漠の雰囲気も出ていて、イラストも良かったです。