・リヌス
 Linus der kleine Magier(Drei Magier:2013)


リヌス

魔法がかかっているタイルを探すゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

並んだおもちゃタイルの中から、魔法にかかっているおもちゃを探します。
魔法にかかっているおもちゃは、リヌスをタイルにのせると持ち上がります。
最近多い、磁石を使ったゲームなのです。
手番がきたら、まず探索タイル山の一番上をめくります。
そこに描かれているおもちゃの中で、魔法にかかってそうなタイルを選んでリヌスをのせるだけ。
リヌスにおもちゃがくっつけば成功。
タイルを手元に持ってきて得点に。
失敗したら手番終了。
めくった探索タイルはそのままで、次のプレイヤーの手番になります。
これを繰り返していき、探索タイルの山が尽きたらゲーム終了。
一番多くおもちゃタイルを集めることが出来た人が勝者です。
3才から遊べるだけあってとても簡単なので、早速スタート。

最初は勘。
どれに磁石がついているのかわからないので、とりあえず適当に選びリヌスをのせてみる。
でも失敗。
失敗すると、そのおもちゃは魔法にかかってないという証明になってしまいます。
次の人以降、どんどん選択肢が狭くなってくるので当てやすくなります。
とはいえ2人プレイ。
私がはずしてトド吉もはずせば、選択肢が2つ消えた状態で再び手番。
こうなると、意地でも当てたいわけでw

ところが私の勘はまったく当たらないのに、トド吉が適当に選んだおもちゃは魔法にかかっている。
あまり差を広げられちゃうと追いつかなくなる。
でもまぁ、はずすわけで。
むしろ何も考えずにリヌスを置いたら、なぜかよく正解が出るように。
ここで一気に追いつく。
とはいえ、出来るだけ情報をあげたくないし、自分がしっかり当てたいし・・・という大人本気プレイ。
選択肢が減ってもはずれる時ははずれるので、お互いに同じような枚数のタイルを持ちながら顔は真剣w
あっという間に探索タイルの山が尽き、ゲーム終了。
終わってみれば2人とも同点という展開。

遊んでると楽しいんですが、やはり3才から対象のゲーム。
はずれたところを覚えておけばいいんですが、そこまでお互いはずさないというか。
たいてい2回目で当ててしまうので、差がつきにくいゲームです。