・千一夜
 1001 - hezar o yek sab(Ilopeli:2014)


千一夜

プレイヤーが協力して、スルタンに物語を聞かせ満足させるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場に広がる裏返しのカードは物語の一部。
物語は同じ色の登場人物と舞台で1セット。
手番がきたら、場のカードもしくは捨て札の一番上のカードから1枚引き、物語が出来ればスルタンに聞かせ、出来なければカードを自分の手元に確保するだけ。
確保しているカードは3枚以上になったら、カードを1枚捨てなければなりません。
3枚以上じゃなくても捨てることは可能です。
スルタンは物語の色を指定してきたりするので、それに合ったセットをつくることで、使ったカードとスルタンを箱の中に戻していきます。
最終的にスルタンが全て箱に戻ればプレイヤー側の勝利。
場の物語カードがすべてなくなってもスルタンが残っていれば、プレイヤー側の敗北です。
4才から遊べるゲームなので、早速スタート。

私がスタートプレイヤー。
最初は場からカードを引くしかないので、とりあえず引いてみたものの、初期カードで持っている物語と色が合わなくてカードを1枚捨てて終了。
次にトド吉。
運良く、自分が持っている舞台と同じ色を引いたので、早速スルタンへ語ります。
これでスルタンが1人いなくなりました。
これの繰り返し。

中盤まではスムーズにスルタンが消え、あっという間にスルタンのカードが2に。
2になってしまうとその数だけ物語が必要になってくるので、より難しくなります。
そこは捨て札を活用しトド吉に任せます。

「捨て札から拾ってよー」
「あ!そうだ!」

最初の頃に黄色の登場人物が出てきたおかげで、後半は黄色い舞台ばかりになり、さらに捨て札の一番上しか取れないので、上手くカードのやり取りをしていきます。

「また舞台カード引いちゃった・・・」
「じゃ、その青い舞台捨ててよ。こっちに青の登場人物いるから」

カードが限られているのに何を引くかわからないので、1枚でも無駄には出来ないのです。
そして特殊カード。
登場人物・スルタン・舞台すべてにオールマイティ色があるけれど、その他に2種類あって、ホワイトタイガーと本。
本は場にあるカードを3枚表向きにするという便利な効果。
問題はホワイトタイガー。
全員1枚カードを捨てる能力は、頼んでないのに!とがっかり感w
順当にカードを引けないと、残り少ない場のカードを見つめちょっと不安に。
これはクリア出来ないかな?と思い始めた頃、本のカードが出てきて場のカード3枚をオープン。
これがあったおかげで、今回は無事スルタン全員に物語を聞かせることが出来たのです。

協力ゲームの練習用というか、こんな感じで協力しあって遊ぶゲームというを覚えるにはいいかも。
低年齢向けなのにルールはしっかりしているし、捨て札を使ってカードの受け渡しとか、最低限必要なプレイの仕方を知ることが出来ます。
あとカードイラストの雰囲気がとても良かったです。