・アタカマ:採掘競争
 Atacama(Mucke Spiele:2013)


アタカマ

採掘許可が出ている鉱石をリグを立てることで掘っていくゲームです。
トド吉とプレイ。

基本は2人用なんですが、一応4人でも遊べるバリアントルールがあります。
今回は2人で。
並べられた9枚のボードには、それぞれ3種類の鉱石が描かれています。
お互いに採掘が許されているのは2種類。
1種類はマイナス点になりますが、マイナスになるのはお互いに違う鉱石です。
手番がきたら、リグを1個置くだけ。
リグの配置には決まりがあり、縦横で隣接するようには置けません。
さらに得点になるのは、1列に4個のリグが置かれている列のみ。
4個に満たなければ、たとえマイナス鉱石にリグが置かれていても安心なのです。
ちょっとアブストラクトっぽい雰囲気だったので、どうなのかな?と思いながらゲームスタート。

狙うのは数字が高い鉱石。
最初に5をおさえるのは当然として、私にはプラス点でもトド吉にはマイナス点。
ならば、この列に何とか4個のリグを置きたい。
けれど、それはトド吉も同じで、私がマイナス点になり自分がプラスになる鉱石を中心に置いていく。
最初は広いボードで余裕で置けると思いきや、進んでいくうちに隣接するリグが邪魔で置けなくなってくる。
それを利用して、逆にマイナスになる鉱石の列に4個のリグが並ばないように封じてしまう。
お互い持っているリグは14個で、必ずどこかには置けるようになっているので、マイナスが大きい数字の周りからつぶしていく形に。

最初にプレイした時は、リグでの得点計算を勘違いしていたので大敗。
もう一度ルールを確認して、二度目の挑戦。というか本番w

基本が4個となれば、置けなくなるように先につぶす。
そして、自分は得点になる鉱石をどんどん狙っていき、トド吉が自爆状態でリグを置かなきゃいけないようにそっと誘導。
私にマイナスを取らせようとしている列は完全に捨てて、マイナスをぶつけたければ自分で4個置いて下さい状態。
どんどん無言になっていく2人。
リグを置く音だけが響きます。
中盤過ぎた頃、トド吉が「うまくやられてる感がある・・・」と、ぼそっと呟く。
それを聞いて気分がよくなった私は、さらに列を4個にしようと奮闘。
結果、たくさんのマイナスを与えることが出来た私の勝利。

アブストラクト風でなんだけれど、なんだか面白い。
プレイ時間も短いし、常にボード全体を見ながらリグを置かないといけないのもあって夢中に。
かなり楽しくと言ったら変かもしれないけど面白かったです。
箱も小さめだったのが特にいいw

・ゲームストアバネスト:アタカマ:採掘競争